[沖縄]防災・防犯特集②|県内10社の防災・防犯サービス|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

防災

2021年7月9日更新

[沖縄]防災・防犯特集②|県内10社の防災・防犯サービス

災害や事故はいつ起こるか分からない。家族や自分の命、家財を守り、被害を最小限に抑えるためには「備え」が重要。県内10社がオススメする防災・防犯グッズやサービスを紹介する。

県内10社がオススメ 防災・防犯グッズやサービス

台風火災事故“もしも”に備える

(有)イスト 

ポータブル蓄電池&太陽光パネル

ポータブル蓄電池と折りたたみ式の太陽光パネル。停電時は太陽光で、通常時は家庭用コンセントで蓄電可能。蓄電池は衝撃や暑さに耐える安全設計で国際的な確認試験にも合格

太陽光で蓄電し長引く停電に備え

避難所にも持ち運べる

生活に欠かせない電気。スマホの充電や暑さをしのぐ扇風機など、停電時でも電気が使える蓄電池は重宝する。その中でもイストがオススメしているのが太陽光パネルで蓄電できるポータブル蓄電池。「蓄電池といっても、繰り返し使うには電気をためる必要がある。太陽光パネルで蓄電することで、長引く停電にも備えられる。ポータブルなので避難場所にも持ち運べる」と大城満昭代表は話す。

蓄電池の重さは約5・7キロ。容量は400ワットで、扇風機がおよそ10時間使えるという。太陽光パネルも折りたためて持ち運びやすい大きさで、「キャンプなどの屋外電源としても便利」。

住宅設計・施工を手掛ける同社は、この蓄電池を使った住宅の電気システムも構築。停電の際、家の主電源を蓄電池に切り替えられ、照明やコンセントが使えるようになる。日中に蓄電しておけば停電2夜目も安心だ。「停電中も照明がつき、テレビで災害情報のチェックも可能に。蓄電池の容量によるため、LDKなど限られた場所で電気が使えるように工事する。新築はもちろん、既存住宅でも工事できるので、まずは相談してほしい」と話した。



さし口はコンセント2口、USBが12口。蓄電中は使用できない。電気残量が分かるモニター付き

(有)イスト
フリーダイヤル 0120-546-548
9時~18時 定休日:土・日・祝日


 

セコム琉球(株) 

ホームセキュリティ安否みまもりサービス

安否みまもりサービス」は、廊下などの生活動線上に設置した感知センサーで一定時間以上の動きが確認できない場合、セコムに自動通報する。離れて暮らす家族はスマートフォン専用アプリで親の様子を確認できる

離れていてもつながる安心

もしもの時に駆けつける

セコムのホームセキュリティは、空き巣対策、敷地内に不審者がいる時などの非常通報、火災監視が基本サービス。「加えて、安否みまもりサービスをつけると、離れて暮らす親の様子が見守れる」と金城正宏課長。もしもの時には緊急対処員が駆けつけてくれ、安全・安心な暮らしにつながる。

急に体調を崩して動けなくなっていないか、うっかり空だきして火事になっていないか…。高齢の親と離れて暮らしていると、家の様子が気になる。同サービスでは、親の家の廊下やトイレ前などの生活動線上に空間センサーを設置。一定時間を超えて動きが感知できなかった場合、異常信号をセコムに送信する仕組みだ。動けなくても自動で異常を知らせるから安心。

家族は、アプリで日頃の様子を確認できる。親が外出中なのか、普段と違う行動をしていないか、オプションでは室内温度や湿度も確認でき、熱中症予防にもつながる。「様子が気になるけど家族がすぐに行けない時は、代わりにセコムが駆けつける」。親と連絡がつかない緊急時などには助かるシステムだ。「一緒に親を見守り、離れていてもつながる安心感を提供する」と話した。





異常を感知または家族からの要請で、セコムの緊急対処員が親の家に駆けつけて安否確認する

セコム琉球(株)
フリーダイヤル 0120-157-222
24時間年中無休

 

(株)オカノ 



「まもるくん」。直径9~10センチの丸型で、天井や壁にビス留めするだけ。トラブルにもメーカー窓口が24時間対応

火事の危険 素早く感知

新築・既存住宅ともに設置が義務づけられている住宅用火災警報器。(株)オカノが販売する「まもるくん」は、煙を素早く感知して大きな音声警報と警報灯で知らせてくれるので安心。コンパクトなうえ10年持つ電池式で、配線工事が不要なのもうれしい。

同社消防防災部の担当は、「義務化から10年がたつが沖縄の設置率は57.5%と全国ワースト。10年たつと機器の交換時期。まだの家庭はこの機会にぜひ取り付けを!」と呼び掛けた。



(株)オカノ
電話 (098)867-1626
8時~17時 土・日定休


 

沖縄三和シヤッター(株) 

高耐風圧タイプ窓シャッター「マドモア耐風ガード」

業界初の高耐風圧シャッター

マドモア耐風ガード。耐風圧性能最大2400paは業界初

防火設備にも対応
台風の大型化に伴って近年増えているのが、強風や飛来物で窓ガラスが破壊されることによって起こる被害。「窓から吹き込んだ強風で天井や屋根が吹き上げられた」「家の中にガラスの破片が散乱し危険な状態に」「吹き込んだ雨が腐食やカビの発生を招き、修理費用が高額になった」など、被害は甚大だ。

そんな台風から窓を守ってくれるのが、沖縄三和シヤッター(株)が取り扱う高耐風圧タイプ窓シャッター「マドモア耐風ガード」。「耐風圧性能最大2400paは業界初。強風による飛来物の衝撃からも窓を守る」と担当者は説明する。

戸建てはもちろん、共同住宅で求められる防火性能が必要な窓に設置できるのも業界初。「一般的に用いられる網入りガラスに比べて視界がすっきり、開放感のある眺望を確保できる」とも。

室内に居ながら開閉できる便利な壁付けリモコンもオプションで取り付け可能。屋内配線工事は不要でタイマー機能付き。開閉には、手動・電動タイプがある。パナソニック(株)製HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)とも連動できる。



沖縄三和シヤッター(株)
電話 098-840-5538
平日8時30分~17時 定休日:土・日・祝日

 

中村印刷(株) 

防災ノート

防災ノート。「家族の情報」、マイナンバーや口座情報を記入する「各種ナンバー」など6種のページから組み合わせ

連絡先や薬歴 1冊に

中村印刷(株)が提案するのが万一の際に必要な情報を1冊にまとめて携帯できる「防災ノート」。「家族との緊急時の連絡方法や集合場所、持病・服用薬・アレルギーの有無、自宅周辺の避難場所など、自分の大事な情報をメモしておけば安心」と知念由紀社長。ぬれても破れない紙で作られたB6サイズ(128ミリ×182ミリ)で、6種類のページを自由にカスタマイズして、オリジナルの1冊を作れるのもうれしい。「災害から身を守る道具の一つして活用を」と呼び掛けた。


中村印刷(株)
電話 (098)835-6560
9時~18時 土・日休み


 

(株)水防協 

住宅用スプリンクラー

住宅用スプリンクラーの制御盤。警報器の信号を受信して、スプリンクラーに水を送る。72度の熱を感知すると散水する

普段静か 火災時に通水

住宅用スプリンクラーの取り付けを行う水防協。有岡哲司代表は「火災発生時だけスプリンクラーの配管に水が通り、初期消火する仕組み。普段は管内が空っぽなので流水音がしなくて静か。結露せず、配管の交換も不要」と話す。火災警報器と水道管を使うシンプルなシステムで低コスト化。「一戸建て住宅4LDKで100万円~。沖縄は風が強く火が回りやすい。火災原因で増加している放火、隣家からの燃え移りなど、不意な出火にも備えられる」と話した。


(株)水防協
電話 (098)989-9480
9時~18時、土・日定休


 

(有)コウケン設備 

ハリケーン・ファブリック・スクリーン

ソーラーガードのブラインド式取り付け例。開口の両端に設置したレールをつたって上下に開閉。アウトドアリビングに最適

風速70メートルに耐え開口守る

美観損なわず日よけも
ハリケーン・ファブリック・スクリーンは、台風時の飛来物から窓などの開口を守る防風ネット。コウケン設備は、その正規代理店として取り付け施工も行う。高良昌義代表は、「風速70メートル相当の暴風に耐え、飛来物をはね返して窓ガラスが割れるのを防ぐ。雨風を95%カットするので家の中が静か。美観を損なわないのも特徴で、取り付け方が選べる」と話す。

人気のある生地は、日常的に使えるソーラーガード。飛来物に強い上、「紫外線を95%カットするので日よけ対策にも最適。特にアイボリー色は、スクリーンを張った状態でも光が透けて外の様子が見える」。10年間のメーカー・施工保証があるのも心強い。その他の生地は、米国ハリケーン危険地帯の建設基準でも認められた、アストロフレックスを取り扱っている。

取り付け方は、取り外し可能なネジ止め式、左右に開閉するカーテン式、ひもを引くと上下に開閉するブラインド式の3種がある。生地の大きさはオーダーなので、大開口でも継ぎ目なく張れる。「RC造はもちろん、木造にも取り付けられ、雨戸が設置できない場所でもOK。最適な取り付け方を提案する」と話した。




紫外線をカットしつつ室内からの視界は良好。外からは中が見えにくいので防犯にも

(有)コウケン設備
電話 (098)856-0116
8時30分~17時30分 定休日:日曜・祝祭日

 

沖縄ガス(株)

家庭用燃料電池 エネファーム typeS

エネファームtypeS。壁掛け式給湯器と合わせてもコンパクト。防さび処理されているのも安心

停電時もガスで発電&給湯

夏場の節電対策にも
夏場の台風による大規模停電などの影響で近年関心が高まっているのが、沖縄ガスが販売する家庭用燃料電池「エネファーム」だ。

一番の特長は、ガスを利用して自宅で電気とお湯を同時に作ることができる点。ガスに含まれる水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、排熱を利用して給湯するため、天気や時間帯を気にせず電気とお湯を使うことが可能。停電時でも24時間、最大700ワット発電し続けるので、購入者からは「停電に悩まされていたが、導入後は冷蔵庫が使え、お風呂にも入れたのでとても助かった」と喜ばれている。

電気・ガスの使用状況や料金メニューにもよるが、「家庭の電気使用量の約7割をまかなえるので購入電力量を大幅に削減でき、夏場の節電対策にも有効。CO2排出量も年間約1・5トン削減できるため、環境にも家計にも優しい常用発電機と言える」と担当者。

8月31日(火)までのフェア期間中、エネファームtypeSを5台に限り特別価格の77万7千円(税込み)で購入できる。標準工事費は別途。

エネファームやフェアに関する問い合わせは、那覇市西の沖縄ガスショールーム「ゆ~くる」まで。



沖縄ガス(株)
電話 (098)863-7750
10時~17時 予約制 定休日:毎月 第3水曜日、GW、旧盆・年末年始


 

(株)精巧エンジニアリング 

磁気探査

くい打ちが必要となる際に行う「鉛直探査」の様子。ボーリング作業と並行して行われる

不発弾ないか磁気で探査

住宅予定地も100%補助
県内ならどこで見つかってもおかしくない不発弾。建築現場での甚大な事故を防ぐため、鉄類に反応する特殊機器を使って不発弾埋没の可能性を見極める「磁気探査」が行われている。この磁気探査、住宅などの工事予定地でも自己負担なしで行えることを知っているだろうか。創業から28年間、磁気探査を実施する精巧エンジニアリングの儀保五十一代表取締役は「以前は公共工事にのみ義務付けられていたが、10年ほど前から県の支援事業がスタート。通常25坪の住宅で60~70万円ほどかかるところ、申請すれば原則100%補助が受けられる」と説明する。

対象は住宅の新築・建て替えや、店舗、工場、学校、福祉施設、ホテルといった民間工事予定地。建設予定地の市町村窓口での申請が必要で、同社が代行してくれる。「建物の基礎の深さや地盤の状況にもよるが、申請から探査実施までに1カ月半~2カ月ほど。申請には最終の建築図面が必要になるため、設計事務所と相談を始めた段階で連絡いただけるとスムーズ」とアドバイス。「これまで発見した不発弾は300発以上。万が一があってからでは遅い。孫子の代まで安心して住み継ぐためにも磁気探査を」と呼び掛けた。



表層50センチの深さまで行う「水平探査」で実際に見つかった5インチ艦砲弾

(株)精巧エンジニアリング
電話 (098)989-0536
8時30分~17時30分  定休日:土・日・祝日

 

(有)クリーン企画 

1級技能士が施工する飛散防止フィルム

飛散防止フィルムが貼られたガラス。割れてもフィルムが保護するため素手で触れてもけがしにくい

フィルムで台風対策

台風時は強風で飛ばされた物が当たり、窓ガラスが割れて飛び散る被害が多い。その対策に有効なのが「飛散防止フィルム」だ。「ガラスの透明感を損なわず、割れても飛び散ることがない」とクリーン企画代表取締役の又吉茂さん。地震などの災害対策や雨戸が取り付けられない場所にも有効だ。「フィルムとの相性が悪いとガラスが熱割れすることもある。当社はガラスフィルム1級技能士が施工、フィルムの効果を十分発揮させられる点も強み」と話す。

(有)クリーン企画
電話 (098)945-0233
8時30分~17時30分 祝祭日休み



関連記事:[沖縄]防災・防犯特集①|住まいの台風対策
     [沖縄]防災・防犯特集③|保険のプロが語る「災害と補償」
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1853号・2021年7月9日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1074

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る