色と遊び心で個性|S.EEE.D(シード)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2016年6月17日更新

色と遊び心で個性|S.EEE.D(シード)

沖縄県本島中部の北谷町で築35年の中古住宅を購入した40代のKさん。遊び心ある色、素材、空間使いで完全独立型の2世帯住宅に改装した。家族の暮らしと成長に合わせて手を加え、変化を楽しむ。

築35年中古住宅 2世帯に改装

Kさん宅 RC造/築35年/家族6人


2階、Kさん世帯のLDK。右手のマグネットペイントで仕上げた黄緑の間仕切り収納や、奥にあるキッチンのモザイクタイルなど、色使いと素材で空間を楽しく演出する


家族とともに家も成長

「例えるなら、わが家はサグラダファミリア。住みながら気付いたことや、家族の成長に合わせて少しずつ手を加えています」と楽しげに話すKさん。

住まいは築35年になる鉄筋コンクリート造2階建て。5層から成るスキップフロアの造りを生かし、親世帯を1階南側に配置。玄関を別々に設けた2世帯住宅へ全面改装した。

花ブロックとマスタード色の壁が目を引くアプローチ。床に石張りで描かれた魚とト音記号は、子どもたちの意見を取り入れ家族で手掛けた。

1階には広い玄関やKさんが希望した書斎、中2階にはトイレと子ども室がある。生活の中心は、LDKと畳間、寝室、浴室がある2階だ。室内は白を基調に、ドアや壁などに色を多用。タイルや花ブロックも活用し、遊び心にあふれている。「視覚から受ける印象って大事だと思う。建築士さんにいろいろなアイデアをもらって取り入れました」。

夫妻が特にこだわったのはキッチン。Kさんも料理をするため、家族で使うことを重視した。壁には柔らかな色合いのモザイクタイル。「見た目に楽しく、広さも収納も十分。とても気に入っています。子どもたちも料理を手伝うようになりました」と夫人は喜ぶ。

もとは玄関上部の吹き抜けだった部分に床を張って設けた畳間は、「かくれんぼや将棋が楽しい」と話す長男(7)と長女(5)の遊び場になっている。


暮らしにフィット

子どもの成長や親との同居を見据え、当初は新築を考えていたKさん夫妻。3年探しても条件に合う土地が見つからず、中古住宅取得に切り替えた。

リフォームは、夫人が新聞を見て印象に残っていた建築士に依頼した。「『家を造るのは、そこに住む人たちの似顔絵を描くような感じ』という考えにすごくひかれました」。

子どもの年齢や予算などを踏まえて建築士と相談し、一度にすべて造り上げるのではなく、10年計画で少しずつ手を加えることを決めた。

住み始めて1年半。ことし次男も誕生しにぎやかに。「次はベランダにウッドデッキを敷いて、リビングとつながって遊べる空間を仕上げたい。庭づくりも少しずつね」とKさん。時を経て変化する住まいは、家族の暮らしに寄り添う。


柔らかな色調のモザイクタイルが印象的なキッチンからダイニングと畳間を見る。畳間と上部の高窓が視界の抜けを生み、圧迫感を感じさせない



ロフトのある子ども室。右手のドアはチョークボードペイント仕上げ。室内側は黒色だが廊下側は青色と色を変えている



小上がりになった畳間は畳を斜めに敷き詰め、空いた三角スペースを収納として活用するユニークな造り


トイレは壁に建築士がオリーブの木を描き、家族で色とりどりのガラスを貼った。家づくりの思い出も詰まる
浴室。リフォーム前と同じ広さだが、鮮やかなタイル使いで雰囲気を一新。楽しい空間となった



LDK上部のロフトから2階の畳間、中2階の子ども室、階段、玄関を見下ろす。畳間は玄関上部の吹き抜け部分に床を張って設けた


広々とした玄関。正面右奥から屋内駐車場へとつながる


リフォーム後の外観


家族参加で増す愛着

5層のスキップフロアになっているKさん宅。2世帯住宅にリフォームするにあたり建築士の岡本さんは、「両世帯が気兼ねなく暮らせるよう」完全分離型を提案した。新設した親世帯の玄関へは駐車場の西側から石張りのアプローチを設け、風格を持たせるよう配慮した。
中古住宅ということもあり岡本さんは、
①生かす部分、改善部分を見極める、
②家族が「自分たちの家」という意識を高める
ことに注力した。

①では、玄関の吹き抜け上部にあった高窓を生かすため、2階に畳間を設置。高窓からの採光が畳間とLDKを照らし、空間に奥行きも生まれた。また、「視覚で楽しめるようにすると、狭さも気にならなくなる」と岡本さん。狭かった浴室は、華やかな色柄のタイル使いで癒やしの空間に変えた。

②のポイントは、家族の家づくりへの参加だ。Kさん宅は、アプローチやトイレの壁の施工に家族で関わった。「その場所では、家と家族をより身近に感じることができる。家への愛着も増します」。


[DATA]
家族構成:母親、夫婦、子ども3人
施工面積:1階 74.55㎡(約22.5坪)、屋内駐車場 27.58㎡(約8.3坪)、2階 83.12㎡(約 25.1坪)、ロフト 20.56㎡(約6.2坪)
躯体構造:鉄筋コンクリート造ラーメン構造
築年数:35年
工 期:約3カ月
設 計:S.EEE.D 岡本哲也
施 工:㈱WITH HOME
キッチン:㈱クチーナ沖縄
外 構:㈲アートーン

[設計・問い合わせ先]
S.EEE.D (シード) 
090・4220・3365
http://seeed.ti-da.net
写真/矢嶋健吾撮影
編集/比嘉千賀子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1589号・2016年6月17日紙面から掲載
 

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:118

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る