[沖縄]エクステリア特集 |株式会社 北斗|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

庭・garden

2022年8月19日更新

[沖縄]エクステリア特集 |株式会社 北斗

屋外空間を快適にして、暮らしを充実させるエクステリア。外構工事から立体駐車場、ユニットハウス、トレーラーハウス、草刈りまで専門業者を幅広く紹介する。


株式会社 北斗
 

 ユニットハウス  目的に応じ短時間で設置

ユニットハウスのレンタル・販売を行う(株)北斗。山城達代表は「約6~10畳の広さのユニットを選べ、目的に応じて自由な組み合わせが可能。窓や出入り口などは自由にレイアウトでき、これまで建設現場やイベント、専門学校の実習室などに活用され、対応の幅は広い」と話す。

同社が扱う「軽量鉄骨ユニットハウス」は、枠組みを鉄骨で組み立て、屋根や壁には断熱材が入る。「プレハブに比べると夏は熱が入りにくく、冬は熱が逃げにくいので快適。オプションで冷暖房をはじめとする電気機器やトイレなどの住宅設備も設置できる。さらに、手間のかかる給排水工事や電気工事も一括して行えます」

搬入車が行き来できるなどの条件を満たせば、最短なら1~2時間で組み立ては完了。すぐに引き渡しできる。さらに、狭い場所や設置が困難な場所の対応も可能。

また、ソーラーパネル付きのユニットハウスも扱う。「短期間レンタルのときには、電柱設置工事のコストを削減できるうえ、停電時や電気の引きにくい土地にも対応しています」

ユニットハウスのレンタルは1日からでも可能。「家の建て替え時の一時的な倉庫にもオススメ。お見積もりは無料なので、ぜひお気軽にご相談ください」と呼びかけた。

問い合わせは、同社(電話=098・852・2580)





建設現場に設置した2階建て。6~10畳の3種類のユニットハウスを選べ、限られた土地でも積層することで対応できる


 
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1911号・2022年8月19日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2151

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る