[沖縄]おうち時間を充実|イメチェン編 (上)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

家づくり

2021年7月30日更新

[沖縄]おうち時間を充実|イメチェン編 (上)

「おうち時間」という言葉もすっかり定着してきたこの頃、より快適に楽しく過ごせるよう、いろいろ試行錯誤している方も多いと思います。今回は、がっつりD I Yのちょっと手前、プチDIYと模様替えでお部屋をイメージチェンジする方法をご紹介します。

 お部屋の雰囲気変える 
セルフペイント&模様替え

【ビフォー】↓

以前は白い壁のシンプルな寝室だった

【アフター】↓

壁をセルフペイント&リネン類交換でイメチェン!
インパクトのある壁色なので全体で使用する色は3〜4色に抑えた。そうすることで壁色が強調されつつもまとまりのある空間になる


空間イメチェン3ステップ

STEP1 壁2面を塗装。鮮やかなブルーをチョイスし、セルフペイント

【セルフペイントのポイント】
・まずは塗装する面をきれいに掃除します
・ペンキで汚したくない場所はマスキングテープやマスカーでしっかり養生
・広い面はローラーで、スイッチ回りや壁の端など細かい部分はハケで塗ります



塗装に必要な道具一式がそろった「ペイントセット」も市販されている。初心者はそれを利用すると便利

STEP2 カーテンを交換。壁に負けないよう、彩度が高い赤色のカーテンを選択。明るさと鮮やかさが似ている色を選ぶのがポイント=下「トーンマップ」参照


◆カラーコーデの参考に「トーンマップ」
トーンとは、色の明るさを示す「明度」と、鮮やかさを示す「彩度」を組み合わせた色の調子(色調)のこと。
同じトーンで配色すると、空間に統一感が生まれます
出典/日本色研事業㈱



STEP3 ベッドリネンを交換し、演出品を確認。リネンは汚れの目立ちにくい色を選択。
壁面の演出品の位置は、必ず離れて遠目で確認する。写真を撮って確認するのも効果的



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は模様替えって「やるぞ!」という強い気持ちがなければはかどりません。ですが、最初に頑張って壁を塗装すると、お部屋の雰囲気がガラッと変わってモチベーションがアップし、一気にはかどります! ちなみに、大きな傷などがなければビニールクロスの上からの塗装も可能です(防水加工や撥水加工された壁紙は塗装できない場合もあります)。

今回紹介したお客さまは、隣の部屋も自身で塗装してステキに模様替えされました。「巣ごもり」で居る時間の増えたお部屋に手を加えて、お気に入りの空間を作ると楽しいですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


執筆者
森田 めぐ美
もりた・めぐみ/ホームステージャー1級。2016年にGIFT(https:/giftinteriordesign.com/)を設立し、県内初のホームステージャーとして活躍。昨年から、LINEを活用したオンラインでのホームステージングサービス「in My Room」(https://inmyroom.online/も始めた。
 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1856号・2021年7月30日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1074

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る