家に居ながら旅行気分|暮らしが変わるホームステージング[5]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

インテリア

2021年4月16日更新

家に居ながら旅行気分|暮らしが変わるホームステージング[5]

旅行も行けないコロナ禍だからこそ、お部屋時間を楽しみたい。そこで今回は部屋を海外風に演出する方法を紹介する。目につきやすい場所に海外を連想させるものを飾ることで空間が印象付けられる。
文・写真/森田めぐ美(GIFT 代表、ホームステージャー1級)

海外風のお部屋づくり

自由に海外旅行へ行けていた頃がすでに懐かしく感じるこの頃。「ステイホーム」「外出自粛」「巣ごもり」という言葉もすっかり聞き慣れましたね。仕事は会社で、食事はレストランで、という当たり前だったことが変わり、自宅で過ごす時間が圧倒的に増え、家族単位で行動することも多くなりました。

そんな今だからこそ自宅に海外風のインテリアを取り入れ、旅気分を高めるステージングをしてみましょう!


イメージ写真を見つける

お部屋づくりは迷うもの。選択の連続です。だからこそ「軸」を決めておくと、迷った時に選びやすくなります。

まずは、SNSやインターネットで検索して、お部屋の方向性を決めましょう。「インテリア」「おしゃれ」「クール」など気になるキーワードを並べてチェック。いいなと思うイメージ写真があったら「Pinterest(ピンタレスト)」や「Room Clip(ルームクリップ)」など便利なアプリを使って、上手に情報の整理をしておきましょう。

お部屋づくりは迷うもの。選択の連続です。だからこそ「軸」を決めておくと、迷った時に選びやすくなります。

まずは、SNSやインターネットで検索して、お部屋の方向性を決めましょう。「インテリア」「おしゃれ」「クール」など気になるキーワードを並べてチェック。いいなと思うイメージ写真があったら「Pinterest(ピンタレスト)」や「Room Clip(ルームクリップ)」など便利なアプリを使って、上手に情報の整理をしておきましょう。

「これ!」と具体的な写真を決めておくと、より迷いがなくなり、憧れのお部屋に近づけますよ。


 モロッコ風に演出した事例 

玄関。分かりやすく「モロッコ(MOROCCO)」と書かれた本を飾ると効果的
 
リビングに設けた異国情緒あふれる照明器具。天井には幻想的な影が映るペンダントライト、シルバーのトレーテーブルの上には星型のスタンドライトを設置した
 
手持ちのカーテンでもタッセルを変えるだけでメリハリをつくり、お部屋をブラッシュアップできる


フォーカルポイントを作る

色鮮やかなカラーコーディネートなどで、おしゃれな印象の海外風インテリア。とはいえ、厳密なルールがあるわけではありません。なんとなく海外っぽくておしゃれ、と思えばそれでOKです。

ただ、外国と日本では部屋の大きさも違えば、ドアや窓の規格サイズも違うので、海外製の家具を日本の部屋に置いても狭くなるだけ。機能的なレイアウトとは言えません。

まずはクッションや照明、オブジェなど、ディスプレーを変えることからステージングを始めてみましょう。

そこで効果的なのが、フォーカルポイントを作ること。「フォーカルポイント」とは「焦点となる(=focal)場所(=point)」という意味で、ある空間に入った時に一番初めに目がいく場所のこと。玄関まわりや、リビングの一角などにフォーカルポイントを作ると、空間の印象を決定づけることができます。

また、部屋の入り口から離れた奥の方にフォーカルポイントを作ると、奥行きが感じられて部屋が広く見える効果も期待できます。照明器具や絵を飾り、お好きなテイストでステージングしてみてくださいね。


 ハワイ風に演出した事例 

ラタン(とう)のハワイアン家具。トロピカルな模様のファブリックがかわいい​


洗面カウンターを小物で演出

色鮮やかなフルーツや花をアクセントに、トロピカル感を演出

フラミンゴがいるだけで南国感が出る


主役を作る

もし家具を買い替えることができるなら、思い切ってお部屋の主役になるような存在感のある家具を選ぶのも効果的です。

その時に気をつけていただきたいのが素材の色味です。例えば、「ダイニングテーブルはオークなどナチュラルな色味」だけれど、「テレビボードはダークブラウンに黒いスチールの足」では空間の方向性がバラバラになりがちなので、同じ木製の家具でも色味はなるべく統一しましょう。床のフローリングや建具、窓枠の色味と合わせると、コーディネートされたお部屋と印象づけることができます。

部屋は暮らしの舞台です。旅気分を味わえるステージングをして、ちょっとだけ非日常を演出しましょう!



 その他の地域 演出のヒント 

フランス風
白をベースに、グレイッシュトーン(少し灰色を混ぜたような色)でまとめる

南国のリゾートヴィラ風
ラタンやウオーターヒヤシンスなどの天然素材の家具を選ぶ

ブルックリン風
れんがやレザー、スチールなどの素材を用いたレトロな雰囲気に

西海岸風
デニムやターコイズなどのブルーをアクセントに、流木や貝殻などマリングッズを用いる

北欧風
白をベースに、黄色やピンクなどのアクセントカラーを少し足す。観葉植物があればぬくもりもプラスされる




執筆者

もりた・めぐみ/ホームステージャー1級。2016年にGIFT(https://giftinteriordesign.com/)を設立し、県内初のホームステージャーとして活躍。昨年からは、LINEを活用したオンラインでのホームステージングサービス「in My Room」(https://inmyroom.online/)も始めた。

◆ホームステージングとは
片付けや掃除、インテリアなどの専門知識・技術を活用しながら、家を整えることで、暮らしの質や家の価値を高めること。(一社)日本ホームステージング協会では、ホームステージングの普及とその担い手であるホームステージャーの育成に力を入れている。詳しくは同協会ホームページ(https://www.homestaging.or.jp/
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1841号・2021年4月16日紙面から掲載

インテリア

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:980

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る