【ひと】より良い資金計画提案|川端志乃さん|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

企業・ひとの取り組み

2020年5月1日更新

【ひと】より良い資金計画提案|川端志乃さん

浦添市にある(株)サンクス沖縄のマンションギャラリーで説明や資金計画のアドバイスなどを行う同社営業主任の川端志乃さん(33)。「お客さまの幸せにつながる、より良い提案を心掛けています」と笑顔で語る。

家族の幸せ寄り添う喜び



現在の仕事に就いたきっかけは?
与えられた業務をこなすというより、アドバイスやサポートをするなど、誰かの役に立つ仕事がしたかったんです。もともと家を見るのが好きで、興味があった不動産業の世界に入りました。
当社の雰囲気は明るく、社員は皆、誰のために、何のために働いているのかをいつも意識しています。代表は「社員がやりがいを感じ輝いてこそ、お客さまに喜びを与えることができる」と言って、社員一人一人の目標や成長、その家族も大切にしてくれるので、とても働きがいを感じています。

心掛けていることは?
丁寧なアドバイスや情報提供です。マンションギャラリーに足を運んでくださるお客さまの要望や悩みはさまざま。それぞれの思いに寄り添った、より良い住まいの提案ができるよう心掛けています。
私が案内したあるカップルは「将来の参考に」と見学に訪れたのですが、物件をとても気に入り、購入を決め、すぐに結婚もされました。「親戚に結婚と新居の報告ができて良かった」と話す笑顔を見て、幸せのお手伝いができたんだと、すごくうれしかったです。

今後の目標は?
家族で幸せな暮らしをしたいというお客さまのために、多種あるローンの紹介や購入者への減税制度も活用した資金計画など、喜んでもらえる提案をして、その望みをかなえるお手伝いをしていきたい。マンションに暮らす人、集う人も笑顔で幸せになってほしい。そういう場所を増やしていけたらと思います。
 

分譲マンションにIoT
「rimoco」県内初導入

新築分譲マンションや一戸建ての企画、販売を行う(株)サンクス沖縄(神田哲良代表)では、現在、新築分譲マンション「アレイール豊見城宜保ルアナ」と「アレイール首里桃原花織」を販売中。ともに、住宅設備をインターネットでつなぐIoTサービス「rimoco(リモコ)」を県内で初めて導入。スマートフォンで外出先からも室内照明のON・OFFや空調などが操作できる。先進の住宅設備と、利便性の高い立地環境が魅力だ。
川端さんは「設備を実際に使ったり、資金計画を相談したり。気軽にマンションギャラリーへお越しください」と呼び掛ける。
見学は要予約。予約・問い合わせは同ギャラリー0120-309-260


浦添市宮城にあるマンションギャラリー


かわばた・しの 1986年、南城市出身。大学を卒業後、2015年、(株)サンクス沖縄に入社。営業担当として、マンションギャラリーで物件の案内や資金計画などのアドバイス、提案を行う。宅地建物取引士、ファイナンシャル・プランニング技能士。
(株)サンクス沖縄 那覇市上之屋1‐17‐10 電話 098-864-2600


編集/赤嶺初美(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1791号・2020年5月1日紙面から掲載

企業・ひとの取り組み

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:778

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る