【ひと】音楽から電気工事の世界へ|仲宗根 巌さんBanana concept(株)代表取締役|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

企業・ひとの取り組み

2020年4月17日更新

【ひと】音楽から電気工事の世界へ|仲宗根 巌さんBanana concept(株)代表取締役

電気設備工事を主軸に、照明設計、空間演出まで手掛け、その提案力が高く評価されるBanana(バナナ) concept(コンセプト)(株)代表の仲宗根巌さん(43)。「社会や未来に大きな価値を提供できる仕事」が信条だ。

未来に残せる仕事が信条



現在の仕事のきっかけは?
高校卒業後、物作りの仕事をしたいと、大工、屋根・外壁建築工事などの仕事を経験しました。ジャマイカの音楽が好きでDJもやるうちに、サウンドシステムに興味を持ち、音には電気が重要だと知ったんです。それから電気を本格的に学ぶようになり、電気工事の世界に入りました。

心掛けていることは?
五感に響く仕事をするのがモットー。図面通りでいいものは生まれない。いつでも実際に利用するお客さまのことを想像し、喜んでもらえる仕事をしたい。そのためにも、お客さまの話をたくさん聞くようにしています。雑談のようなものから、ライフスタイルや好みが分かり、アプローチのヒントになっています。仕事の本当の価値はお金ではない。2017年、18年には、リヤカーに電気工事道具を積み、那覇空港から辺戸岬まで歩きながら、電気工事を無償で行う「ヘッドアッププロジェクト」を行いました。多くの人とつながり、喜ばれ、仕事の価値は人が与えてくれるのだと改めて思いました。

今後の目標は?
これからは組織ではなく個性を持つ人が輝く時代になると思う。当社も個性的なスタッフ一人一人が主役となり、能力を発揮できる会社にしたい。アイデアを掛け合わせることで、より大きな価値を世の中に提供できるはず。これからも常識にとらわれず、未来に残していけること、やって良かったと思えることを仕事としてやっていきながら、皆さんとつながっていければ幸いです。
 

電気自動車の活用法を提案
環境、防災、イベントにも

仲宗根さんは、環境保全や防災に役立つ電気自動車の活用法を広める「地球パワーチャレンジシップ」にも取り組んでいる。電気自動車から電気を取り出し供給する外部給電器をイベント会場などで活用したり、本島北部の林道パトロールに貸与するなど、さまざまな企画、提案を行う。
昨年の「うるまシマダカラ芸術祭」では「島の記憶と未来が対話する場所へ」をテーマに照明演出も担当。主会場の電源供給は全て電気自動車で賄った。
大宜味村田嘉里にある同社ヤードでも、電気自動車と、電気自動車から建物に電気を供給するV2Hシステムを夏までに設置予定。仲宗根さんは「環境に優しく、災害に強い生活の提案、情報発信の拠点として、いろいろな仕掛けを考えていきたい」と意気込む。


昨年の「うるまシマダカラ芸術祭」では、主会場の電源供給を電気自動車で賄った


なかそね・いわお 1976年、沖縄市出身。両親は薬剤師。サッカーでブラジル留学も経験。高校を卒業後、大工、屋根・外壁建築工事などに従事。2005年、電気設備工事を主事業とするBanana concept(株)を創業。好きな音楽でDJなども行う。
◆Banana concept(株)
沖縄市園田2‐19‐16‐2F 電話098・933・7369


編集/赤嶺初美(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1789号・2020年4月17日紙面から掲載

企業・ひとの取り組み

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:849

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る