バイパス開通で騒音・混雑緩和[恩納村仲泊~南恩納]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

木立

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2019年7月5日更新

バイパス開通で騒音・混雑緩和[恩納村仲泊~南恩納]

[歩いて見つけた!地域の住み心地-30-]県内有数のリゾート地として知られる恩納村。2018年に仲泊から南恩納にかけて国道58号のバイパスが全線開通した。海沿いの国道はダンプカーなどの大型車両が通らず生活環境は静かになった一方、観光滞在が減り商業は打撃を受けた。また民泊施設が住宅地にまで広がるなど、リゾート地の苦悩が垣間見られた。

環境改善も観光に陰り

開通後に閑古鳥鳴く
県内で有数のリゾート地として知られる恩納村は、沖縄自動車道の石川ICまで約2キロとアクセス性が良く、ホテルムーンビーチなどのリゾートホテルが立ち並ぶ。平日の日中でも休暇を楽しむ人が行き交い、レンタカーも多く見かける。前兼久、冨着、谷茶はリゾート地、仲泊や南恩納は住宅地のような雰囲気だ。

平坦な沿岸部はリゾート施設や住宅が集まっていて、斜面地にはオーシャンビューを生かしてセカンドハウスや民泊施設などが点在している。国定公園に指定された海や自然の姿を残す恩納岳があり、自然の豊かさが感じられる地域である一方、保全の観点から大型商業店舗が建てられないというネックもあり、村内にはスーパーがない。そのせいか、野菜が買える「おんなの駅」には地域住民も多く立ち寄り、コンビニの品ぞろえも充実しているように感じる。

リゾート施設が並ぶ主要道路の国道58号の様子が変わったのは恩納南バイパスができてから。観光シーズンの道路の混雑を緩和するために計画された恩納南バイパスは、2009年に仲泊~谷茶間、18年3月に谷茶~南恩納間で4車線中2車線が暫定開通し、村南北へのアクセス性が高まった。

「バイパスが開通してから海岸沿いの58号はダンプカーなど大きな車が通らず、交通量が減り静かで生活環境は良くなった。一方で、中南部から来た観光客が立ち寄ることが減り、飲食店などは閑古鳥が鳴いていた」と話すのは、(株)ONNA不動産・代表取締役の土居直美さん。村ではかつてのにぎわいを取り戻そうと、海岸沿いの58号を「おんなサンセット海道」と名付け、情報発信などの取り組みを始めた。道路案内標識にもその名が載る。「カーナビなど案内がしっかりされるようになり、バイパスとは別に海道があることが認識されてきて、一時は観光客の足が遠のいたものの今では活気を取り戻しつつある」

価格高騰・単身向け増
「土地の価格はすごく上がったように思う」と土居さん。前兼久や冨着周辺の商業系は、「5~10年前は坪あたり35万円前後だったのに対し、今では70万~100万円まで高騰している」という。「もともと売りに出る土地が少ない上に、買い手はほとんどが商業展開を検討している県外企業」ということもあってか、価格は売り手市場の設定のよう。

住宅地でも売り地は希少だという。「仲泊の高台にある仲泊ニュータウンなど海が見える場所では価格が1.5~2倍に上がった」という。宅地や一戸建ての物件は民泊など収益物件として外国人が購入するケースも多く、「民泊事業では騒音など近隣トラブルになることも。リゾート地の苦悩がある」と語る。

賃貸物件では「ファミリー向けが多かったが、1ルームなど単身向けも増えてきた」という。ホテル従業員や移住者向けにグレードの高い物件が増えたのが特徴。家賃は「3LDKが7万円から、2LDKが6~7万円、1K・1ルームが5万円程度」だという。

土居さんは「最近は恩納村に住みたいと探しに来る人が減った。村では定住促進などの取り組みはあるが、民泊など観光業の弊害から住民の生活環境をどう守るか葛藤しているようだ」と話した。



今は大きな車が通ることは少なくなったんだって。観光シーズンには車や人通りが増えそうだルン!



1おんなサンセット海道(国道58号)はリゾートホテルや沖縄料理、マリンレジャーなどの店舗が並ぶ。2~3階建てと低層の店舗兼住宅が多く、沿道の圧迫感はあまりない



22018年3月に開通した区間の恩納南バイパス。山を切り開いたように沿道は擁壁で固められ、店舗など立ち寄る場所はない。今後4車線に拡張される予定



3仲泊の住宅地の生活道には店舗兼住宅が並び、商店や理髪店など、昔ながらの住宅地を思わせる


◆エリアマップ◆

校区

仲泊・前兼久・冨着は仲泊小、中学校区。南恩納・谷茶は恩納小、中学校区

土地の価格

おんなサンセット海道沿線は坪あたり70万~100万円。住宅地でも5年前よりも1.5~2倍に高騰

家賃

ホテル従業員や移住者向けにグレードが高い物件が増えてきた。3LDKが7万円から、2LDKが6~7万円、1K・1ルームが5万円程度


恩納村の物件紹介
学校近く 真栄田岬が散歩コース



ONNA不動産の土居さんが紹介してくれたのは、仲泊の隣にある、恩納村山田の木造2階建て4LDKの建売住宅。「山田小中学校のすぐ裏手にあり、子育て世帯におすすめ。真栄田岬も散歩圏内にあって2階からは海が見える」。価格は2680万円。問い合わせは同社(電話=098-966-8034)まで。


編集/川本莉菜子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1748号・2019年7月5日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:26

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る