[沖縄]県内6社が提案!SDGsな家づくり|沖縄県労働金庫「住宅ローン」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年12月31日更新

[沖縄]県内6社が提案!SDGsな家づくり|沖縄県労働金庫「住宅ローン」

「SDGsな家造り」を6社が提案!同性パートナーでも利用しやすい住宅ローン、住宅診断やリノベーションの提案、環境や家計に優しい水、長持ちする鉄筋コンクリート造、ガス漏れなど万一に対応するシステムまで。住宅取得のヒントにして!

  

同性パートナーも収入合算可能


沖縄県労働金庫では、多様な性(LGBT)を尊重し、住宅ローンにおける収入合算の対象として同性パートナーも含めている。SDGsの「5・ジェンダー平等を実現しよう」「8・働きがいも経済成長も」「10・人や国の不平等をなくそう」といった目標達成に貢献するのが目的だ。

対象となる融資商品は、住宅ローンとマンション専用ローン。担当者は「収入を合算することで、借入額の増額が可能となります。また、連帯債務者となって一定の加入条件を満たせば、団体信用生命保険に加入できるので、返済期間中の死亡など万が一の状況になっても安心です」と話す。

収入合算の条件は、申込人と同一世帯となっていること。法的な婚姻関係にない同性パートナーの収入合算を行う場合、融資を行う日までに融資対象となる建物への同居確認のため、住民票謄本の提出が必須となる。なお、パートナーシップ証明書などの提出は不要だという。

「融資のご相談やお申し込みについては、土曜日や日曜日も営業していて便利なローンプラザをぜひご利用ください」と担当者。各支店においても融資の相談や申し込みに対応している。
 

ロゴをクリックすると、仮審査の申し込みができる


DATA
 沖縄県労働金庫
 那覇市旭町 1-9
 電話0120・602・040
 各営業店 午前9時~午後3時営業 定休日:土・日・祝日
 各ローンプラザ 平日午前10時~午後7時(水曜は午後3時まで)
 土日午前10時~午後5時※年末年始、祝日、振替休日は休み
 ホームページ https://www.okinawa-rokin.or.jp/

関連記事:(株)WILL「インスペクション」
     (株)サザンアイランドコンサル「コンフォートシティービュー」
       株式会社 総伸「量子水」
       アクロス琉球(株)「RCガーデックス」
       沖縄協同ガス「集中監視システム」


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1878号・2021年12月31日(第1集)紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1287

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る