人招きやすい広々空間|株式会社 青空設計|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2019年1月25日更新

人招きやすい広々空間|株式会社 青空設計

[お住まい拝見・子どもたちも伸び伸び]那覇市のAさん(35)宅は、鉄筋コンクリート造地上2階、地下1階建て。シンプルな間取りで一つ一つを広くした空間は人を招きやすく、子どもたちも伸び伸び遊ぶ。


広さ約43帖のLDK。大きな窓の向こうにはテラスやプール、那覇の街並みなども見えて開放的。吹き抜けでつながる2階プレイルームからは子どもたちの遊ぶ声が聞こえてくる


大きな窓で内外に一体感

Aさん宅
RC造/自由設計/家族5人
玄関ホールを抜けてLDKに入った瞬間、スタイリッシュな大空間が視界いっぱいに広がる。

Aさん宅のLDKは幅約6.2メートル、奥行き約11.1メートルと広々。西面と南面は黒のサッシで統一された窓が壁面全体を囲み、外のテラス、さらにはその奥に見える街並みまで視線が抜ける。吹き抜けで2階とつながるリビングは、約5.2メートルの天井の高さまである大きなフィックス窓により明るく開放的。床のタイルはテラスと同じ素材で、外と中との一体感を一層増幅させている。

そんなLDKよりもさらに広いテラスでは、Aさんが友人を招きバーベキュー。「人をたくさん呼べる家にしたかった」ため、地下には10台分以上の駐車場も設けた。

「天気がいい日には家族そろって朝食をとることもある」というテラスは、8歳、6歳、3歳の娘たちの遊び場にもなる。夫人(36)は「公園に行くよりも安心。おかげで毎日が運動会です」とほほえむ。

テラスの一画にはプールがあり、夏はそこで1日を過ごすことも。Aさんは「監視員の気分」と話す一方で、「子どもとたくさん遊べる家ができて良かった」。毎日のように遊んだことで、三女はひと夏で泳げるようになったという。


南側の屋外テラスから見た外観。躯体をはじめ、タイルやサッシ、手すりなどの真っすぐなラインが、スッキリと整った印象を与える

施主のアイデア満載
子どもたちが成長し、暮らしていたマンションが手狭になってきたため、一戸建ての取得を決意して土地を購入したAさん。建築が好きで、さまざまなアイデアを持っていた。設計事務所を回る中で、「プロの視点から、私の考えを取り入れていく対応の仕方が好印象」の事務所に出合い、依頼することにした。

洗濯室の棚もAさんのアイデアの一つ=下写真。乾かした洗濯物を畳んで棚に入れると、棚の反対側にある脱衣室から取り出せるようになっている。脱衣室で脱いだものも同様に洗濯室で取り出せる。「とてもラク」と喜ぶ夫人。Aさんも長年の思いが実現して満足そう。家族みんなが笑顔になれる住まいだ。


洗濯室。右の棚は脱衣室とつながっており、洗濯物を移動させる手間が省ける。作業台は折り畳んで壁面に片付けられる

ここがポイント
地形生かし地下に大駐車場
Aさん宅の敷地は、東に道路、北と南に住宅があり、西側の隣地は6メートルほど下がっていた。そこで建築士の山川勇人さんは「プライバシーを確保しつつ開放感を出すため、道路側は閉じ、西側はテラスや開口部などで大きく開いた」と話す。


道路から見た外観。テラスとは対照的で閉じた印象。左奥に地下駐車場へと続く入り口がある

また、前面道路が北から南へと低くなる傾斜地でもあった。「地形を生かし、南側の低いところは駐車場の入り口とし、地下に大きな駐車場を設けた」。Aさんの「たくさんの人を招きやすい家」という要望に応える一つの解決策にもなった。

1階にLDKやゲストルームといったパブリック空間、2階に寝室やプレイルームといったプライベート空間をまとめ、上下階で公私を分けた造りも人の呼びやすさにつながっている。


高窓から明るい光が入る2階プレイルーム。将来、子どもの個室が必要になったときに備えて、照明やコンセントなどは3部屋分ずつある

「シンプルな空間」という要望に対しては、それぞれの空間を細かく仕切らないことを提案。その一方で、将来子どもの個室が必要になったときに仕切れるよう、プレイルームにはコンセントやエアコンのダクトを通す穴などを3部屋分準備してある。

リビングは開放的で明るい雰囲気にするため、南面には縦2メートル、横3メートルの大きなガラスを4枚使うなどして、開口部を大きくとった。それにより懸念される外からの熱を抑えるため、ガラスは複層ガラスに。空気層による断熱を図った。



ダイニングと一体化したキッチン。配膳・片付けがしやすく、夫人は「食後、子どもたちが自分で食器を片付けるようになった」。Aさんの考えで、作業スペースの床は、リビングで遊ぶ子どもたちと目線が合うよう1段低くなっている



キッチン隣の開口部。幅約3.4メートルで、開け放てばテラスとつながり、一体的に使える



和室。床の間の台は、鉄板に車用の塗装を施して独特な質感。壁にはデザインタイルが貼られている



最大深さ1.2メートルのプール。子どもたちの泳ぎの上達に一役買った


[DATA]
家族構成 :夫婦、子ども3人
敷地面積 :520.41平方メートル(約157.4坪)
1階床面積:177.24平方メートル(約53.6坪)
2 階床面積:85.17平方メートル(約25.8坪)
建ぺい率 :42.77%(許容50%)
容 積 率:74.92%(許容100%)
用途地域 :第一種低層住居専用地域
躯体構造 :鉄筋コンクリート造ラーメン構造
設  計 :(株)青空設計 山川勇人
施  工 :(株)太名嘉組
電  気 :(株)八起電設
水  道 :(株)春水工業


[問い合わせ先]
(株)青空設計
098-890-7000 
https://aozorasekkei.com


撮影/井田佳明 編集/出嶋佳祐
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1725号・2019年1月25日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
出嶋佳祐

これまでに書いた記事:151

編集者
「週刊タイムス住宅新聞」の記事を書く。映画、落語、図書館、散歩、糖分、変な生き物をこよなく愛し、周囲にもダダ漏れ状態のはずなのに、名前を入力すると考えていることが分かるサイトで表示されるのは「秘」のみ。誰にも見つからないように隠しているのは能ある鷹のごとくいざというときに出す「爪」程度だが、これに関してはきっちり隠し通せており、自分でもその在り処は分からない。取材しながら爪探し中。

TOPへ戻る