家族一緒の大空間 緑も飾って楽しい|久友設計(株)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2015年2月27日更新

家族一緒の大空間 緑も飾って楽しい|久友設計(株)

沖縄市の住宅地。リング状になったテラスの外観が目を引く、コンクリート打ち放し2階建てがSさん(34)宅だ。生活の中心は2階。天井が高く開放的なリビング・ダイニング(以下、LD)を多様に使い、家族5人伸び伸びと過ごす。

「集い」を大事に

Sさん宅(家族5人 自由設計 RC造)


南から北へゆるやかに傾斜する高い天井にし、3面に高窓を設けた2階のLDK。南側のテラスへとつながる掃き出し窓(写真右)に加え、高窓からも光が入り、奥にあるキッチンまで明るい

LDの使い方に幅
「仕切りがあまりなく、みんながいつも同じ空間で一緒に過ごせる家」「シンプルでモダンな雰囲気、グリーンが映えるコンクリート打ち放しの仕上げ」。Sさん夫妻の家に対する希望は明確だった。
住居は2階。対面式キッチンの南側にあるLDから時計まわりに水回り、ウオークインクロゼット、寝室を配し、回遊できる造りになっている。8歳の長男、5歳の長女、3歳の次男は駆け回って元気いっぱい。夫人は、室内やテラスにグリーンを飾って楽しむ。
天井が高く、明るく開放的なLDが家族の集いの場だ。「将来、間取りが変わることも考えて、大きな家具は置いていない」とSさん。東側の約6畳は、可動式の間仕切りで仕切ると3部屋の子ども室に変わる。夫人は「ベッドを置けばいっぱいという広さ。こもりきりにならないよう、あえて居心地を悪くしました」と笑う。
LD西側にはスタディーコーナーを設けた。仕事柄、宿題を持ち帰ることが多い夫妻は、子どもと一緒に机に向かう。夫人は「視線を気にせず、窓を開け放って過ごせます。テラスから近所が見渡せるので、あいさつを交わしたり、外で遊ぶ子どもの様子も分かる」と、住みやすさを実感する。

建築士探しを優先
長男の小学校入学を前に一戸建てをと考えたSさん。通園・通学を考え、新築するなら住んでいたアパートと同じ地域でと望んだ。
建てたい家のイメージはまとまっていた。建築展に足を運び、「話しやすく、自分たちのプランを理解してくれた」建築士事務所に設計を依頼。建築士と相談しながら、理想のプランが実現できる土地を購入した。
1階の駐車場と庭は、子どもたちの格好の遊び場。近所の友だちと駆け回ったり、ときには夫人と一緒に土に触れる。「庭ができたことが一番うれしい。以前より、子どもたち自身で考えて遊ぶようになり、休日に自分で使える時間が増えました。自然な雰囲気の庭を造っていきたい」と楽しみを語った。

2階子ども室側からLDKを見る。LD西側には家族5人分のスタディーコーナーを設けた。キッチンは外観のアクセントになっているリングと同じデザインに


現在はLDとして使っている子ども室は、可動式の間仕切りで仕切れば3部屋になる(建築士提供)


2階へ続く階段は、蹴上げを抜いて視線に広がりを持たせた。壁面には夫人の好きな植物などが飾れるよう、ディスプレースペースを設けた


ここがポイント
住居2階にまとめ視線と防犯に配慮​

Sさん宅の敷地は南に前面道路があり、北と東に住居が建つ。一級建築士の久田友一さんは「道路からの視線を緩やかに遮り、防犯性を高めるため、住居を2階にまとめた」と説明する。良好な地盤まで3メートルあったため、基礎底から硬い地盤までの間に、無筋コンクリートの土台を打設するラップル工法を採用し、地盤改良の費用を抑えた。
室内は、家のどこにいても子どもの様子が感じられるよう、キッチンを中心に据えた間取りに。南に面したLDの幅4・8メートルの掃き出し窓と、天井高を上げて設けた南北、東3面の高窓とを組み合わせて、快適な採光と通風を得る。
子ども室は、必要に応じてLD東側を扉で仕切って設ける。「扉はすべて収納庫脇に収められ、壁と一体化して見える」。幼少期、そして巣立ちも見越した空間づくりが光る。
夫妻希望のコンクリート打ち放しで仕上げるにあたり、デザインにも気を配った。テラス部分を大きなリング状にして、外観に柔らかな印象をプラス。1階エントランスや階段の壁面にはディスプレースペースを設けた。「外観のリングと同じデザインで仕上げた対面式キッチンも、アクセントになっている」。見て、飾って楽しい住まいだ。


外観。2階のテラス部分は曲線を効かせた大きなリング状のデザインにすることで、重量感のあるコンクリート打ち放し仕上げの印象をやわらげた


LDとつながるテラスにはグリーンが並ぶ。テラス越しに近所の人と声を掛け合うこともある


外出時や海遊びの後、すぐに汚れを落としたり、用を足せるようにと設けた1階のシャワー室。階段下の空間もうまく活用した造りだ


寝室の並びにあるウオークインクロゼットは、子どもの成長に合わせて収納家具も変えられるよう、オープンな棚にした。奥の洗面室、浴室まで一直線

[DATA]
家族構成:夫婦、子ども3人
敷地面積:296.32㎡(約89.63坪)
1階床面積:111.98㎡(約33.87坪)※駐車場含む
2階床面積:115.83㎡(約35.04坪)
建ぺい率:46.95%(許容60%) 容積率:63.49%(許容200%)
用途地域:第一種中高層住居専用地域
躯体構造:鉄筋コンクリート造壁式
設 計:久友設計(株)
久田友一・蒲地史子
構 造 協 力:阿波根昌樹
施 工:(株)大興建設(ASJ沖縄北スタジオ)
電 気:(合)中江電気建設
水 道:(有)ライフ工業

[設計・問い合わせ先]
久友設計(株)
098-974-4327
http://www.hisatomo‐p.com
写 真/高野生優・フォトアートたかの撮影
編 集/比嘉千賀子

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1521号・2015年2月27日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:117

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る