[沖縄・表紙のお宅から]親も子も伸び伸び2世帯|(株)徳里産業|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

第9回こども絵画コンクール

お住まい拝見

お住まい拝見

2023年12月29日更新

[沖縄・表紙のお宅から]親も子も伸び伸び2世帯|(株)徳里産業

糸数隆宏さん(35)・隆さん(61)親子宅は、「生活時間が違っても互いに気兼ねなく暮らせるように」と玄関を分けた分離型の2世帯住宅だ。1階の親世帯はLDKと個室をつなげ使い勝手良く。2階の子世帯は収納や家事動線にこだわり、スッキリ片付けやすく。内外装とも隆宏さん好みに「カッコ良く」仕上げた住まいには、週末になると皆で食卓を囲むにぎやかな笑い声が響く。

 親も子も伸び伸び2世帯 
公園側から見た外観。1階が親世帯で2階が子世帯。写真中央にある土間空間を介し、各世帯の気配が程良く伝わる(比嘉秀明撮影)
 

糸数隆宏さん・隆さん宅
  鉄筋コンクリート造/(株)徳里産業  

糸数隆宏さん(35)・隆さん(61)親子宅は、「生活時間が違っても互いに気兼ねなく暮らせるように」と玄関を分けた分離型の2世帯住宅だ。1階の親世帯はLDKと個室をつなげ使い勝手良く。2階の子世帯は収納や家事動線にこだわり、スッキリ片付けやすく。内外装とも隆宏さん好みに「カッコ良く」仕上げた住まいには、週末になると皆で食卓を囲むにぎやかな笑い声が響く。


外も内もカッコ良く

夏は土間でバーベキュー

車の往来が多い角地に建つ糸数さん宅。道路のある北西側は窓がほとんどなくシンプルな閉じた箱が浮いているようだが、アプローチを抜けて南東に回ると一変。1階には多目的に使える土間空間、2階には室内とつながる大窓やテラスがある。大屋根のシャープなラインや細いアイアンの手すり、黒サッシがアクセントとなって、全体の印象をキリリと引き締める。「とにかくカッコ良くしたかったんです」と隆宏さんも満足げだ。

2階の子世帯のLDK。天井高いっぱいの掃き出し窓から、向かいにある公園の緑を借景として取り込んだ。オープンな造りとしながらも、キッチン部分のみ天井は木目調、床は手入れのしやすいタイル張りにすることで、ゆるやかに空間を仕切っている。キッチン左手の扉からは玄関へ、ダイニングの手前側からは水回り、右手からはFCに行き来できる


通り側からはグレーの箱が浮いているように見える外観。1階右手の扉が親世帯の玄関。左の外階段を上ると子世帯へ

生活時間の違いに配慮

スタイリッシュな雰囲気は室内にも反映した。1階の親世帯は、打ち放し風のクロスをメインに、グレーの濃淡でまとめられている。部屋数は必要最小限だが、LDKと個室は吊り戸を開ければひと続きの大空間となり、実際以上に広々。「普段は開け放してオープンに。床にレールがないので見た目もすっきり、掃除もしやすいですよ」と隆さん。

仕事柄、朝早く夜遅いため、子世帯とは生活時間が違うものの、「玄関が別なので気兼ねがない」。

平日の夜はお気に入りのソファでくつろぎ、休みの日は息子家族と過ごすことも多いそう。リビング外にある土間空間ではこの夏、バーベキューも楽しんだ。「土間は午後は影になるので涼しくていい。道具類はすぐ脇の倉庫にしまえるのも便利です」と話す。


2階子世帯の洋室。子どもが小さい現在は2室つなげて一部屋で使用。成長したら二部屋に

 


子世帯の家事室は5帖。カウンター上の高窓から光が入り明るい。奥は脱衣室で、扉を閉めれば家族が入浴中でも洗濯や洗面ができる
 

子世帯のFC(ファミリークローゼット)。個室の収納は省き、家族の衣類はすべてここに集約した
 

子世帯の玄関にはシューズクローゼットを設置。引き戸を閉めれば来客時も安心
 


1階親世帯の室内。寝室とLDKの間は全て引き込める吊り戸で、開け放てばスッキリ広々。高窓が通りからの視線を遮りつつ光を取り込む。テレビ左手の掃き出し窓の先が土間空間


水回りとFC一続きに

2階の子世帯は、LDKを中心に個室3部屋と水回りを配置。共働きで小さな子どもがいても片付けやすく、家事のしやすい造りにこだわった。

妻の貴恵さん(38)が「絶対実現したかった」というのが使い勝手抜群の水回りだ。浴室、脱衣室、家事室、ファミリークローゼット(FC)が直線でつながり、扉を閉じれば独立したプライベート空間に。開ければ玄関やダイニングキッチンとも回遊できる。「子どもたちが大きくなって部活を始めても帰宅後すぐ足が洗えるし、忙しい時は家事室に洗濯物を積んでおいても扉を閉めればリビングから見えないので、いつお客さんが来ても大丈夫。お風呂上がりに行き来するのも気にならないしね」と笑顔。

一方のLDKは、大きな掃き出し窓の向こうに隣接する公園の緑が広がり、通り沿いに建っていることを忘れてしまうほど。「手前に見えるのがシークヮーサー。夏はたくさん実を付けて、自治会の方々も『取っていいよ』と言ってくださって。ゼリーやジュースにして美味しくいただきました」とにっこり。

キッチンは吊り戸棚なども取り払ってオープンに。雑多な印象になりがちのところ、天井はダークブラウン、家電類や床のタイルは隆宏さんこだわりの黒系でスッキリ、スタイリッシュにまとめた。


丁寧な対応と将来見据え提案

「実家が築45年だったこともあり2世帯に建て替えることに。完成見学会で建築士の方がとても丁寧に対応してくれたので徳里産業さんにお願いした」と隆宏さん。貴恵さんも「玄関は一つでいいかなと思っていたけれど、別なら将来的に賃貸などにも活用できると、先を見据えて提案してもらえたのも良かった」とうなずく。

住み始めて1年3カ月。「大人3人とも野球好きなので中継があると集まって観戦。WBCの時も盛り上がりました」と笑顔。一つ屋根の下、3世代で伸び伸び暮らす。



1階親世帯から見た土間空間。公園の緑を眺めながら皆でバーベキューをしたり水遊びもできる
 

1階親世帯のトイレ。濃いグレーのタイルでまとめてスタイリッシュに



[DATA]
家族構成:1階 父親、2階 夫婦、子2人
敷地面積:162.85㎡(約49.26坪)
建ぺい率:63.83㎡(約70%)
1階床面積:46.64㎡(約14.11坪)
2階床面積:91.89㎡(約27.8坪)
容積率:85.07%(許容150%)
駆体構造:鉄筋コンクリート壁式構造
用途地域:第1種低層住居専用地域
設計・施工:㈱徳里産業
電気:拓電工
水道:システム企画

問い合わせ
 ㈱徳里産業
 電話098・956・0789
 https://tokuzato.co.jp/


↓画像をクリックすると、徳里産業のホームページに移動します


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 年末年始特別号
第1982号 第1集・2023年12月29日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2233

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る