[お住まい拝見+]照明で印象付け絵になる空間|㈱ARCHISS|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2023年1月27日更新

[お住まい拝見+]照明で印象付け絵になる空間|㈱ARCHISS

このコーナーでは、巻頭企画「お住まい拝見」で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2023年1月」より掲載)

照明で印象付け絵になる空間

玄関ポーチ。外壁はすべて左官仕上げの塗り壁だが、玄関外だけは琉球石灰岩を施し、アクセントにした。石、木、れんがといった自然素材とアンティーク調の照明が特別感を演出


キッチンカウンター上のペンダントライト。取り付け部=緑〇部=に厚みのないものを選んだことでスッキリとした印象に。波打つシェードが壁のドライフラワーと相まって優しい雰囲気


1月20日号「好きな物だけ詰め込んで」
Tさん宅/㈱ARCHISS

「インテリアが大好き」で、家づくりにあたっては、家中にインテリアコーディネーターさながらのセンスとこだわりを散りばめたTさん。特に照明類は「アンティーク調のデザインをSNSで探し、空間の雰囲気や使い勝手を考慮してサイズをオーダーした」。家の顔となる玄関ポーチは、琉球石灰岩の壁や階段、存在感のある木扉に、アイアンのデザインが印象的な細身の照明を組み合わせ、特別感を演出。キッチンカウンター上部には、波打つようなシェードが目を引くペンダントライトをリズムよく配置。どこを切り取っても、絵になる空間となっている。


1階ホール隣にある来客用の手洗い場。タイル張りの壁に、温かみのある照明が映える


撮影/比嘉秀明 取材/徳正美・市森知
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1934号・2023年1月27日紙面
「今月の表紙から 2023年1月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る