[お住まい拝見+]モノが多くてもおしゃれ|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年6月25日更新

[お住まい拝見+]モノが多くてもおしゃれ

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年6月」より掲載)

モノが多くてもおしゃれ


使い込まれた食器や調理器具が並ぶキッチン。モノは多いけれど、雑多ではない。この絶妙な「ごちゃっと感」が心地良い
1849号「家族の絆育む小さな家」
Mさん宅/カメアトリエ
23坪のM邸。小さな家でモノは多いが、見せる収納をセンス良く使い、見事に住みこなしていた。使い込まれた食器や鍋、空き缶や瓶、フルーツなどが絶妙なバランスで並んでいる。生活感はあるが、雑多ではなくおしゃれ。どこを撮っても絵になるお宅だった。「うーん。特に気を使っているわけでないです。好きな物を好きなように置いているだけ」とMさん。これぞセンスというものだろう。

紙面掲載後も「かわいい家!」「インテリアもすごくいい感じ」と反響も大きかった。


カップが並ぶ食器棚。無造作に見えるのにオシャレ
玄関前は草木が茂りナチュラルな印象。青い扉も映える




キッチン背面の作業台や、窓側にある食器棚の一角。どこを切り取っても絵になる


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1851号・2021年6月25日紙面「今月の表紙から 2021年6月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:248

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る