[お住まい拝見+]地下にこもる趣味室|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2020年4月24日更新

[お住まい拝見+]地下にこもる趣味室

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年4月」より掲載)

地下にこもる趣味室

全部が子ども部屋|陽設計/玉城さん宅より
 


本棚の間から見え隠れするオートバイはまるでオブジェのよう。ガレージ部分は敷地の高さと同じ高さだから出入庫しやすい

陽設計・玉城飛雄馬さんの自邸はスキップフロアで半階ごとに部屋を設け、1階部が設計事務所になっている。玉城さんが「地下にこもるようなホビールーム」と言い表す事務所には、屋内オートバイガレージを設けた。パソコンデスクの背後にあって、仕事の息抜きにオートバイの手入れをすることもあるという。

事務所は敷地の高さから約30㌢下がっていて、入り口から階段を下りると、気分が少し落ち着くような感じがする。背板がない本棚は作業別にスペースをやわらかく区切る。




打ち合わせスペース。写真左手に事務所の玄関があって、階段を上り下りすることで気分が切り替わる。丸みのあるソファやペンダントライトで柔らかな雰囲気になっている


打ち合わせスペースから住居部につながる階段を見る。背板がない本棚は圧迫感を感じさせず、奥の作業スペースを緩やかに区切っている


「お住まい拝見+」一覧へ
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1790号・2020年4月24日紙面「今月の表紙から 2020年4月」より掲載


 

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:54

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る