[お住まい拝見+]テーブル兼ねる調理台|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2020年12月25日更新

[お住まい拝見+]テーブル兼ねる調理台

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年12月」より掲載)

テーブル兼ねる調理台

飼い主不在でも伸び伸び/(株)エー・アール・ジー/Uさん宅より

ネコたちと暮らすUさん。こだわりの2列型キッチンには単身住まいならではのアイデアが見られた。2列型は流しが対面にあって、家族を見ながら食器を洗うのが一般的。だが「食器が少ないから洗い物はサッと終わる」と、流しを背面に設けた。対面にはコンロと広い調理台を設け、「作った料理をパッと出せて、なんならその場でテレビを見ながら食べられる」とUさんは満足げ。ダイニングテーブルがなく、部屋がスッキリして見える。

対面にコンロがあるため、建築士の崎浜国男さんは「レンジフードが目障りにならないよう配慮」し、ダクトの囲いは上部には設けず天井からつり下げた。むき出しのダクトと武骨なコンクリートがマッチする。機能とデザインがうまく両立されていた。
 

対面にコンロと調理台、背面に流しを設けた2列型キッチン。タイル床だから「水が垂れてもサッとふけて重宝している」とUさん


キッチンに取り付けたワイングラスラック。「憧れて購入。キャットステップになるとは思わなかった」と笑うUさん


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1825号・2020年12月25日紙面「今月の表紙から 2020年12月」より掲載

お住まい拝見+

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:103

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る