住空間プロデューサーの上原牧子さんが暮らしを楽しむインテリア「気軽にオシャレにパーティー」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

インテリア

2017年10月13日更新

住空間プロデューサーの上原牧子さんが暮らしを楽しむインテリア「気軽にオシャレにパーティー」

[文]上原牧子さん(住空間プロデューサー)Vol.7

自宅に人を招いて楽しもう!

フラワーアレンジが華やぎ添える

少しずつ秋の気配が感じられる今日この頃。ハロウィーンやクリスマスなど、年末にかけて家族や親しい友人を家に招いてホームパーティーをする機会も多くなるのではないでしょうか? 今回は、ちょっと特別なイベントや家族の誕生日などで、遊び心を加えて簡単にできる空間演出をご紹介します。


以前、私が米国留学していた際のホームステイ先では、週末になると友人、知人が招き招かれ、気軽にホームパーティーをする光景が日常的にありました。それぞれの家庭の温かいおもてなしで過ごした時間は、今でも楽しい思い出のひとつです。こういう楽しい習慣は、ぜひ取り入れたいものですね。
ゲストを自宅に招くホスト役ともなると、掃除から料理の準備、飾り付けなど何かと支度が大変ですが、皆で囲むせっかくの時間をもっと気軽に、オシャレに楽しめたらと思います。


テーマ集う人念頭に演出

ホームパーティーというと、その響きだけでワクワクしてきますね。どんなテーマで、どんな方が集まるのかを念頭に置き、それに沿ったパーティーシーンを演出するとよいでしょう。
テーブルコーディネートや料理も、いつもとはちょっと違う見せ方で器や小物を使ってアレンジしてみましょう。子ども中心のパーティーなら盛り上がるBGMやゲームなどを、大人がメインならばウェルカムドリンクでのおもてなしやドレスコードを設けて、それを話題にするのもいいかもしれません。
参考までに、わが家でのホームパーティーの事例をいくつかご紹介します。どれも時間をかけずにサッとできるものばかりですが、ちょっとした工夫で気軽に楽しんでいます。


小物使いでオシャレ度もアップ

 

五感に残るアイテムを活用


オレンジをテーマカラーに子どもたちにセッティングを手伝ってもらった、にぎやかなハロウィーンパーティー


写真上は、キッズハロウィーンパーティーの風景です。ハロウィーンデザインの紙皿やコップ、ナプキンなど、100円ショップで気軽に手に入る楽しい絵柄のグッズを使って空間を演出した例です。
ごちゃごちゃしたデザインの小物を置いても、テーマカラーをオレンジに統一することでまとまりのある印象になります。面倒な後片付けも、使い捨ての食器を使うことで子どもたちと一緒にできます。



お花や器で高低差をつけることでリズミカルなテーブルセッティングになります。キャンドルも添えると、よりドラマチックに!


写真上は、家族のバースデーパーティーのワンシーン。全体照明を消して、部分照明やキャンドルライトを使うとムーディーな空間演出をつくることができます。
テーブルコーディネートは、花器やグラスなどで高低差をつけることによりリズム感が生まれ、いつもの食卓と違った雰囲気になります。料理は大皿でサーブして取り分けるスタイルにすると、セッティングに手間取らないので皆で会話を楽しむことができます。


大人のパーティーシーンは、シックな色使いで艶のあるガラスや器、光沢のあるものでそろえると、よりエレガントになります


写真上は、以前に開催されたテーブルコーディネート展で、プレシャスライフ・クリエイターの宮平亜矢子さんと共同で提案した大人のパーティーシーンです。「真夏の夜の夢」と題して、招くゲストやドレスコードなどを具体的にイメージしました。
テーマを決めてテーブルクロスや器、フィギュア(小物)を一つひとつ吟味し、おもてなしを想像することはとても楽しいものです。
どのパーティーシーンでもテーマに沿った演出を心掛けると、より印象に残るホームパーティーになります。その際、インテリアはもちろんBGMや香りなど、五感に残るアイテムの活用はおすすめです。
さらに、見た目も華やかになるフラワーアレンジをプラスするとグッと空間が引き立ちます。ホームパーティーでの簡単なアレンジを、フラワーアレンジのプロでもある宮平さんに紹介していただきました。参考になさってくださいね。

 

ホームパーティーでのフラワーアレンジ


プレシャスライフ・クリエイターの宮平亜矢子さんが、日ごろパーティースタイリングで提案しているフラワーアレンジの中から、簡単で、すぐに実践できるアレンジを三つ紹介してくれました。


パーティーシーンでのフラワーアレンジメントと聞くと難しいイメージがありますが、ちょっとしたアイデアで簡単に楽しむことができます。花があるだけで、簡単な料理でも豪華に見えますし、集った家族やゲストとの会話も弾みそうですね。テーブルに彩りを添えて、ぜひすてきな時間を楽しんでみてください。


1.グラスアレンジ
家にあるグラスを使えば、簡単にアレンジできます。小さなグラスを並べて飾れば、楽しいリズムが生まれます。お花をわざわざ買わなくても、庭先にある草花やハーブを飾ってもすてきです。ワイングラスを使う場合は、ステム(足の部分)にリボンを巻けば大人スタイルのテーブルになります。



2.写真映えするアレンジ
低めの器に、お花を短く切ってアレンジすると花と料理の距離が近くなり、写真に撮ってもキレイです。器がない場合は、普段使いの平たいお皿を使っても、同じようなイメージになります。



3.一輪挿しアレンジ
挿し口の小さな一輪挿しは、一輪の花と一枚の葉だけで簡単にアレンジができます。少しインパクトのあるグリーンで高さを出したアレンジにすると、大人っぽくモダンな雰囲気になります。


<問い合わせ先>
プレシャスライフ・クリエイター宮平亜矢子、Flower life Design Ai
098-948-7031
http//ai-terrace.com





上原牧子さん(住空間プロデューサー)
うえはら・まきこ/(有)ムーブプランニング専務取締役。住空間プロデューサー。インテリアコーディネーター、二級建築士、アートライフスタイリスト、ライティングコーディネーターの資格を持ち、トータルで空間をプロデュースする。

上原牧子 オフィシャルWEBサイト
http://move-makiko.com
ムーブプランニング
098-860-3202
http://move‐planning.com


暮らしを楽しむインテリア
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1658号・2017年10月13日紙面から掲載

インテリア

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:98

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る