最新のIT技術を活用 先進的な賃貸住宅が誕生 どんな暮らしができて、そのメリットは?|気になるコト調べます!⑩|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

住まいに関するQ&A

2016年11月11日更新

最新のIT技術を活用 先進的な賃貸住宅が誕生 どんな暮らしができて、そのメリットは?|気になるコト調べます!⑩

家賃保証や通信事業、居住サポートなどを手掛ける(株)レキオス(那覇市、宜保文雄代表)は、県内で初めてインターネットを活用した最新のIT技術「IoT(Internet of Things)」を活用した賃貸住宅の提供を始めている。同物件は、部屋のカギの開け閉めから、照明やテレビ、エアコンなどの操作まで、スマートフォンでできるのが特徴。同社の仲田哲善常務は、「IoTの活用で、入居者の暮らしはより安心・安全で快適に。建物の付加価値をアップさせたり、管理・運用にも有効で、オーナー、入居者、管理会社ともにメリットは大きい」と話す。

スマホが鍵や家電のリモコンに


「スマートクラス」のモデルルーム。対面式キッチンのある8.8坪のワンルームは、設備やインテリアにもこだわった。天井にある黒い機器がスマートリモコンで、照明やテレビ、エアコン、スピーカーなどがスマホで操作できる(2016年11月、北中城村島袋)

 遠隔操作でき見守りにも有効 
「IoT」とは、さまざまなモノをインターネットに接続する技術。離れた場所やモノの状態を把握したり、操作することで、時間や資産、エネルギーのムダを省き、暮らしをスマート化する手法として、国内外で関心が高まっている。レキオスでは、そのIoTを標準仕様で導入した賃貸住宅「スマートクラス」を展開していて、北中城村や名護市、那覇市に6棟が建つ。
ことし3月、北中城村島袋に完成した第1棟は、鉄筋コンクリート造3階建てのワンルームマンション。各部屋の鍵は、自身のスマホのBluetooth機能で開け閉めができる電子キーになっている。「外出中に家族が来た場合でも、家族のスマホにURLを送れば開錠できるので、合鍵や鍵の受け渡しは不要になります」と仲田さん。
室内では、アプリを使ってスマホが照明やテレビ、エアコン、スピーカーなどのリモコンになる。遠隔操作もできるため、例えば、帰宅30分前に出先でエアコンの電源を入れて部屋を冷やしておくこともできる。「駐車場からでも部屋の照明を操作できるので、暗い部屋に一人で戻る不安がなくなり、防犯対策にもなる。アプリには部屋の明るさや温度、湿度などがひと目で分かる機能もあるので、家族で共有すれば、一人で暮らす高齢者の見守りにも有効です」。

 付加価値高め、管理しやすく 
オーナーや管理会社の視点では、①建物の付加価値向上②管理・運用のしやすさなどが利点になる。まず①では、「IoTが付加価値となり、40年、50年と末永く収益を得られる賃貸経営につなげられます」と仲田さん。他物件との差別化を図ることで、入居率アップにつながる。
②の一例は、物件内に設置した防犯カメラの映像を、管理会社が過去の記録も含めてリアルタイムにスマホで確認できる点。「状況を見極め、現場に直接足を運ぶ回数を減らすこともできるので、人的負担を軽減できます」。登録すればオーナー自身もスマホで防犯カメラの映像を見ることができるという。
近年、日本でもIoTにつながる家電や機器は急増していて、2020年には250億台にまでのぼると推計されているという。「IoTを取り入れた住居や賃貸住宅は、これからの社会では標準仕様になっていくと思う。暮らしの『見える化』と総合的な物件の管理・運用で、社会的課題の解決にもつなげていきたい」と仲田さん。未来を見据えた先進的な仕組みに期待したい。


アプリの機能の一つ「環境センサー」では部屋の明るさや温度、湿度などが遠隔でも分かる。一人暮らしの高齢者やペットの見守りに有効


玄関ドアは電子キー。専用アプリで鍵を開け閉めする



SNSで不動産広告を配信
ワイズバンクが新スタイル提供

インターネットを活用した不動産広告にも新たなカタチが登場している。ワイズバンク(宜野湾市、奥浜正樹代表)は、9月からSNSを活用した不動産広告「物件パッと来る」を運用している。フェイスブック利用者に不動産情報を配信するサービスで、「対象地域や性別、年齢などが絞り込め、低価格で広告効果を高めることができる」と奥浜さんは話す。
広告は文字数に制限はなく、写真に加えて動画も掲載できる。フェイスブック上に掲載した広告を対象となる利用者に配信することで閲覧数を高め、口コミ効果も期待できるという仕組みだ。年齢別の配信数、クリック(閲覧)数、賛同を示す「いいね!」の回数などの結果報告もある。価格は1万2000人への配信で3万円~。
フェイスブック利用中の対象者には物件情報が届くので、希望に合った不動産探しのサポートになるかも。


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1610号・2016年11月11日紙面から掲載

住まいに関するQ&A

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:106

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る