ツリーは一番目につく場所|暮らしが変わるホームステージング[2]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

インテリア

2020年12月18日更新

ツリーは一番目につく場所|暮らしが変わるホームステージング[2]

クリスマスや正月など、イベントの多い年末年始は空間の演出に適した季節。物の配置やファブリックの使い方など、季節感を演出するための、インテリアの技術を生かしたホームステージングを紹介する。
文・写真/禰覇由美(ホームステージャー1級、㈱module取締役)

季節感ある空間を演出する


暮らしの質を高めるため

2020年もあとわずか。今年は生活様式そのものが劇的に変化したこともあり、いつもと違う年に感じる方も多いのではないでしょうか。

とはいうものの、やっぱりクリスマスは特別な思いで過ごしたいもの。

ホームステージングは、一般的に不動産を早く高く売却するために片付けや掃除、インテリアを見栄えよく整えたりする一連のサービスのことを指し、季節の行事を演出することはあまりありません。ですが、クリスマスなどのイベントで家をディスプレーしたりして暮らしの質を高める、ということも本来の意味合いに含まれます。

そこで今回は、自分の家をホームステージングして今年の年末を楽しんでみましょう。ポイントは、①グリーン②ファブリック③照明④香り⑤小物―です。


五つのポイントで演出

部屋の一番目につくところを、フォーカルポイントと言います。ここにシンボリックなものを置くだけで雰囲気を一気に変えられます。

下写真のお宅では、部屋の中心に大きなクリスマスツリー(①グリーン)を置いています。フォーカルポイントに当たる場所です。オーナメントとイルミネーションをふんだんに飾り付けた、ボリューム感のあるツリーが迫力ありますね。一気にアメリカのお宅のような空間になりました。

また、②プラスチック素材のリビングチェアにクッションがたくさん置かれ、座面にはファーも敷かれています。普段はシャープでモダンなイメージのチェアも、ファブリックによって柔らかい印象になります。

そのほか、③イルミネーションをツリー以外にも使ったり、④アロマキャンドルなどで香りを演出するのも手です。ここまですると特別な日が待ち遠しくなってきますね。

一方で「ここまで本格的ではなく、ちょっぴりクリスマス気分を味わいたい」という方は、⑤クリスマスをイメージした小物を、玄関やサイドボードの上などにディスプレーしてみましょう。

正直、私自身、今年はクリスマスはもういいかな…なんて思っていたのですが、家で過ごすことが多い今年だからこそホームステージングして楽しむのもいいですよね。

クリスマス風のものが少なくても、置く場所に気を付け、ファブリックの柔らかさ、照明のきらめき、小物の使い方と香りでステキに演出できます。ぜひ、日常にも取り入れてみてください。


 ①グリーン 
部屋で一番目に付く「フォーカルポイント」にクリスマスツリーを置き、オーナメントとイルミネーションをふんだんに飾ります。毎年飾る方は少しずつ買って増やしていくと楽しいですね。一気にアメリカのお宅のような雰囲気になります。

 ②ファブリック 
クリスマスをイメージする色や柄のクッションを置くだけで雰囲気が変わります。プラスチック素材の黒いリビングチェア=写真右下=も、ファブリックの柔らかさが印象付けられ、ぬくもりが感じられます。​
 
カーテンの納品に伺ったお客さまの家。アジアンテイストな住宅で、モダンなデザインのリビングチェアもあります


Before


 ③照明 
イルミネーションをツリーのほかにも効果的に使いましょう。重厚感のあるオブジェもキラキラし、非日常感を高めてくれます。




 ④香り 
香りも演出しましょう。アロマキャンドルがオススメです。クリスマスツリーをイメージするようなさわやかな香りもいいし、クッキーやシナモン、アップルなどのすこし甘めの香りもこの季節ならではですね。一つではなく、いくつかともして香りを楽しみましょう。
 
※画像のキャンドルはアロマキャンドルではありません



 ⑤小物 
少し気分を味わうだけなら、玄関やサイドボードの上などにクリスマスをイメージした小物をディスプレーしましょう。ヒイラギなどのグリーンもいいですよ。
 
最近すっかりおなじみになったLEDキャンドル。火を使わないので安全です。常に人の目が届かなくてもいいので、置く場所を選ばないことが良いです


北欧らしい小物。この人形たち、本当はキャンドルホルダーです

執筆者

ねは・ゆみ/ホームステージャー1級、ホームステージャー2級認定講師。2001年、夫と共に、雑貨とインテリアのセレクトショップ「module」を設立。今年4月、那覇市大道のmoduleと、同市西のmoduleBEHOUSEの2店舗体制に。インテリアのコーディネート、提案を行う。https://module-okinawa.com/

◆ホームステージングとは
片付けや掃除、インテリアなどの専門知識・技術を活用しながら、家を整えることで、暮らしの質や家の価値を高めること。(一社)日本ホームステージング協会では、ホームステージングの普及とその担い手であるホームステージャーの育成に力を入れている。詳しくは同協会ホームページ(https://www.homestaging.or.jp/
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1824号・2020年12月18日紙面から掲載

インテリア

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:937

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る