カーテン|家具選びのイロハ[7]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

住まいに関するQ&A

2015年11月6日更新

カーテン|家具選びのイロハ[7]

部屋の中でも大きな面積を占めるカーテンは、選び方ひとつでガラリと空間のイメージを変える。カーテンの展示場「ワールドルーム」代表の新崎一樹さんは、「レールに合わせて採寸を」と助言する。

寸法の測り方に注意


選び方

カーテンレールありき

カーテンを選ぶ際、気を付けたいのはレールの種類。同じ窓でもレールの種類や形状によって、カーテンの幅や丈が違ってきます。採寸の際、幅はカーテンフックを引っかけるつり金(ランナー)の端から端までを計測。丈は、掃き出し窓ならランナーから床上1㌢程度、高窓なら窓下15㌢程度が目安です。

カーテンのひだには、二つ折りと三つ折りがあり、既製品は二つ折りが一般的。光を遮る遮光カーテンでは断熱効果は期待できません。熱を遮断する遮熱カーテンとの違いに注意を。




素材とお手入れ

ポリエステルが人気

カーテン生地の素材としては、伸び縮みや退色が少なく、長持ちするポリエステル100%のものが現在の主流。洗濯用洗剤を使って洗濯機で洗うこともできますが、実はカーテンが最も傷みやすいのは洗濯のとき。洗濯用ネットに入れるか、手洗いするのがベストです。

外国製のカーテンに多いのが、コットンやレーヨンなど天然素材のもの。これらは重厚感や装飾性が魅力ですが、紫外線などで退色しやすいという特徴もあります。また、伸び縮みするので洗濯もお勧めしません。普段のお手入れはホコリをはらう程度にしましょう。


楽しみ方

インテリアとの調和

最近はロールスクリーン風のシェードカーテンや、ひだを取らないタブカーテンなども出てきていますが、こうしたタイプは窓のサイズやお部屋の雰囲気に合わせてオーダーメードするのが一般的。既製品にもオーダーメードにも多いのが、厚手のドレープカーテンと薄手のレースカーテンを組み合わせるケースです。床や壁、家具などのインテリアと合わせて、全体的なイメージを固めてから店舗に向かうと、プロのアドバイスも受けやすいでしょう。
夏用と冬用でカーテンを使い分けるなど、季節でコーディネートを変える楽しみ方もあります。


ドレープとレースを逆転

ドレープとレースのどちらに重きを置くかで、色や柄の組み合わせの幅が広がる。ドレープがメーンならレースはシンプルに、その逆もしかりだという。最近はレース使いを楽しむのが人気で、写真のようにシェードカーテンと合わせ、レースを内側にかけるのもアイデア。レースの止め方によって、装飾性もさまざまに楽しめる。
 

取 材/藤井千加(ライター)​
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「家具選びのイロハ」<7>」第1557号・2015年11月6日掲載

住まいに関するQ&A

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:759

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る