生活圏に広がり 新旧交わるまち[八重瀬町東風平]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

木立

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2019年4月5日更新

生活圏に広がり 新旧交わるまち[八重瀬町東風平]

[歩いて見つけた!地域の住み心地ー28ー]八重瀬町の伊覇区画整理地区に隣接する東風平は、旧東風平町の中心地で既存の学校、公共施設が充実。伊覇地区の利便性も高まり生活圏が広がった。国道507号は拡幅工事が進められ、沿道では街が更新されていく様子が見られる。那覇へのアクセスも良く、地元に縁のある子育て世帯が戻ってくることも。住宅地では子どもたちの声が響き渡る。

道路拡幅で建て替え

地域には子どもの声
旧東風平町の中心地だった八重瀬町東風平。国道や自動車道インターチェンジが整備され、那覇の中心地からは車で約30分と、交通の便が良くなった。隣接する伊覇地区では、区画整理で新たに宅地ができ、銀行やスーパー、飲食店などが国道507号沿線に立ち並ぶ。東風平の一部も同区画整理で道路・宅地が整備され、2016年には新しい町役場が開設し、伊覇地区と一体に生活圏が広がった。

東風平交差点から国道を南下していくと、道路からはみ出したような歩道橋に出合う。現在、道路の拡幅工事を進めていて、新旧の道路が交差する。沿道ではまだ装い新しい建物が道路より少し後退して建ち、更新されていく街を垣間見ることができる。

区画整理地から波及するように、国道・県道沿いには新築のアパートが建つ。年季を感じさせるものもあるが、空き室はあまりない。住宅地の中には、レトロな装いの商店があったり、角出し住宅があったりと、昔ながらの風景を残す。一方で、建売住宅や建て替え中の住宅なども点在する。小学校、中学校、中央公民館など公共施設が近く、歩いていると子どもたちの声が聞こえてくる。のどかな住宅地だ。

地縁の子育て世帯多く
「八重瀬町では地元に縁がある方が物件を探しに来ることが多く、東風平も同じ傾向。学校が近く、子育て世帯も暮らしやすい」と話してくれたのは、(株)琉信ハウジング南風原支店の嘉数智支店長とハウスアドバイザーの眞榮城(まえき)秀斗さん。

土地を探す人は、「那覇より土地が安い南風原町、八重瀬町と南下しながら探している様子。土地の相場は区画整理地だと、坪当たり30万~35万円前後。区画整理地外では20万円台後半」と嘉数支店長。「建売住宅もここ2~3年で増えてきている」と話す。

賃貸では「主に中古物件で、ファミリー向けの間取りのものが多い。駐車場は2台分確保されている物件がほとんど」と、眞榮城さん。「築10年以上の3DKの間取りだと、家賃は月5万5000円前後。築浅の物件は空きが出にくいが、1LDKで5万5000円前後、2LDKは6万5000円~7万円、3LDKは8万円前後」だという。

那覇からのアクセス性の向上や伊覇地区の区画整理が進み、八重瀬町全体で人口が増加、地価も上昇しているが、「街としては成熟してきたように感じる。一方で、国道の拡幅によって八重瀬町全体での発展に期待もある」と嘉数支店長は話した。


        
区画整理地や国道・県道沿いには新しい建物が。学校が近くて子どもたちの声が聞こえルン♪


東風平運動公園から区画整理された区域を見る。ところどころ更地が残るものの、住宅やアパートが建ってきている。写真左手方面に八重瀬町役場の新庁舎がある


住宅地の中では建て替えした住宅が点在。建売住宅もあった。写真奥には建築中の木造住宅がある


国道507号は拡幅工事の真っ最中で、写真左の2車線が現在運用中の道路。将来的には中央分離帯のある4車線道路になる
 

◆エリアマップ◆

校区

小学校は東風平小学校、中学校は東風平中学校

家賃

にファミリー向けの間取りが多く、築浅の物件は空きが出にくい。新築の1LDKで5万5000円前後、2LDKは6万5000円~7万円、3LDKは8万円前後

土地の価格

区画整理地内は坪当たり30万~35万円前後。区画整理地外は20万円台後半
 


東風平の賃貸物件
駐車場2台・学校近くの3DK



琉信ハウジング南風原支店の眞榮城さんが紹介するのは、小・中学校まで徒歩15分の3DKの物件。「駐車場は2台無料。キッチン・照明は新調し、クロスも張り替えた。子育て世帯におすすめ」。町役場や買い物しやすい伊覇地区にも近い。家賃は月5万5000円。 問い合わせは同社(電話=098-888-2288)


歩いて見つけた街の守り
八重瀬町東風平には東西南北に石獅子がいるらしい。今回の取材で見つけられたのは3体(下①写真は南、下②写真は東、下③写真は西)。石獅子がいる小高くなった場所まで細い階段があり、囲い・香炉が設置されていて、住民に今でも親しまれているようだった。最後の1体は見つけられなかったものの、地域の交通安全を守る像(​下④写真)を見つけてほっこりした。













 


編集/川本莉菜子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1735・2019年4月15日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:27

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る