[引っ越しシーズン特集]メルカリのトップセラー金城祐子さんに聞く|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2018年2月16日更新

[引っ越しシーズン特集]メルカリのトップセラー金城祐子さんに聞く

スマートフォン用アプリでものを売るコツを紹介する。

「メルカリ」のトップセラー金城祐子さんに聞く

ネットで売る3か条

  1. 写真と説明文が命!
  2. 「私ならココが知りたい」大事に
  3. 汚れ・破損こそ詳しく載せる


今や、中古品の売買で大きな市場を占めるインターネット。中でもスマートフォンで手軽に売買ができるフリマアプリを活用する人が急増している。
金城祐子さんはフリマアプリの代表格「メルカリ」で6000件以上の取引実績を誇る全国トップセラーだ。「空き時間に販売できるし、一度使ったけど色みが気に入らなかったアイシャドーのような、実店舗では買い取ってもらえないものでも売ることができる。」とメリットを語る。
主なフリマアプリは、スマホにアプリをダウンロードし、売りたい品の写真と説明文を付けて出品する。出品は無料だが、売買成立時に10%の手数料が発生するのが一般的だ。
手軽に出品できるとはいえ、目を留めてもらわなければ売れない。金城さんは「大事なのは写真と説明文」と力を込める。「初心者は売ることに一生懸命で画面の向こうに人がいることを忘れがち。買う人の立場になって撮影し、説明文を書きましょう」とアドバイス。
また中古品を売るときは、「欠陥こそしっかり伝えて、価格とのバランスを取れば売れやすい」。
金城さんの出品テクを参考にしよう。


金城さんの出品テク
写真と説明文のポイント

掲載写真の1枚目は、たくさんある出品物の中から、この品に目を留めてもらうため、心をつかむことが大切。フリマアプリの掲載写真は正方形が主。それを念頭に置き、画角いっぱいに品物を見せるのがコツ。色や柄、サイズも分かりやすくすること


「私が買うなら、ここが見たい」という部分を載せる。例えばメルカリなら、写真が4枚しか載せられないので、分割画像を載せるのも手

汚れや破損をしっかり伝え、「だから、この価格」とPRすれば売れる可能性も高くなる


【説明文】
キッズ カモフラ パンツ130センチ
ストレッチが効いていてウエストがゴムの動きやすいズボン。合わせやすい迷彩柄なので、毎日のコーディネートや洗い替えにいかがですか。
元気いっぱいの男の子に^ ^

右膝の部分に、スレがあります。
写真4枚目にてご確認ください。

【素材】綿97%、ポリエステル3%
【サイズ】130センチ

自己保管のため、ご理解頂ける方お願いします。ご質問はお気軽にどうぞ^ ^
匿名配送をご希望の方はご購入前にコメント欄にてお知らせください♪

↑説明文は、写真では伝わらない素材感や着心地を中心に伝える。また、絵文字を散りばめるなど、冷たい印象にならないように気を付ける




那覇市在住の二児の母。2014年から手探りでメルカリ販売をはじめ、6000件以上の取引実績を誇る。これまでの経験を生かし、メルカリ初心者のための講座を開くなど、「メルカリ出品アドバイザー」として活動する




QRコードから金城さんの公式LINEに登録すれば、より詳しい出品のコツ(無料動画)が見られる。「沖縄メルカリ講座」は毎月開催中
 




賢く処分!


『週刊タイムス住宅新聞』引っ越しシーズン特集 賢く処分!
第1676号 2018年2月16日掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:759

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る