[引っ越しシーズン特集]賢く処分!|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2018年2月16日更新

[引っ越しシーズン特集]賢く処分!

【服・家具家電・本・おもちゃetc・・・】引っ越しシーズン到来。衣類や本、家具家電など不用品は賢く処分しよう! 県内九つのリサイクルショップのサービスをはじめ、フリマアプリの活用術も紹介する。

買い取り品目多彩

引っ越しでは、さまざまな種類の処分品が出てくる。それぞれ専門店で買い取ってもらうのも手だが、いくつも回るのは時間もかかるし、何より面倒。そんなときに重宝するのが「総合型」のリサイクル店。衣類や家具、家電、本、趣味のコレクションなど、大きなものから小さなものまで、幅広い分野の品物をまとめて買い取りしてくれる3店を紹介する。


24時間何でもOK


「なんでも買います」がキャッチフレーズのマンガ倉庫。衣類や本、家電、ゲーム、フィギュア、楽器、釣り具、使用済みの食器まで、買い取る品目を挙げればキリがない。那覇店の古波倉正生店長は「家にあるものは、大体買い取りOKです」。店舗面積の関係で、那覇店では家具の扱いはないが、広い浦添店などでは家具の買い取りも行っている。
24時間年中無休も大きな特徴。買い取りも24時間対応できる。分野別に担当者がいる上、もし担当者が不在でも、全国30店とインターネット上でやり取りしながら、他店舗の担当者が適正価格で査定してくれる。
査定額の目安は、各売り場に置かれたチラシをチェック。月に1~2度発行され、2月なら「防水&アクションカメラが査定額30%アップ中」など、有益な情報も掲載されている。
生産されていないものや希少価値の高いものなども高価買い取りしている。「説明書や箱も付属品として扱うので、全てそろっている方が高くなる」とアドバイス。衣類やアウトドア用品などは、シーズン前だと高値になるという。
そのほか、査定で金額がつかないものは引き取ってくれるのもありがたい。古波倉店長は「処分に来る方が多く、気持ちよく帰ってもらいたい」。


マンガ倉庫那覇店の店内。買い取った品物が所狭しと陳列されている

分野別に買い取り情報が載っているチラシ。店舗内の各売り場に置かれている

駐車場入り口に飾られた、成人男性の身長ほどもあるマジンガーZのフィギュアは、約3万円で買い取ったもの

ギターなど楽器も取り扱う

「マンガ倉庫 那覇店」
那覇市高良3-1-12/098-891-8181/24時間/年中無休/分野を問わず、基本的に何でも買い取る。査定料・出張料ともに無料の出張買い取りも行っている(予約制)




売買ともポイント加算


「新しいよりあなたらしい」がコンセプト。オシャレな雑貨店のような雰囲気の「セカンドストリート浦添58号店」は、県内に七つあるグループ店の中でも一番新しい店=写真。衣類や家具・家電、おもちゃにスポーツ用品、生活雑貨、商品券・金券に貴金属類まで品ぞろえは幅広い。最勝正樹店長は「中古でも人気のメンズファッションブランド・シュプリームや、ロレックスの時計、ギブソンのアコースティックギターなど高額品も取り扱っています」と話す。
うれしいのは商品の買い取り時も購入時もPontaポイントが付く点で、108円1ポイント。ゲオグループ共通のルエカカードなら買い取り金額割り増しとさらにお得。
現在買い取り強化中なのが、これから需要の増える家電類と春夏向けの衣類や雑貨。中でもテレビ・オーディオなど人気の黒モノ家電は、「メーカーや年式にもよるが32インチテレビで1万6千円前後」の値が付く。高く買い取ってもらうには「メンテの手間がかからないようキレイな状態で持ち込みを。家電ならリモコンなど付属品一式も忘れずに」。大型の家具家電は1点でも無料で出張買い取り可能。引っ越し時はそれ以外でも可能な場合があるので相談してみて!



買い取り一例。右はナイキのスニーカーで2500円~3000円前後、左はグローバルワークのロングTシャツで200円前後

「セカンドストリート浦添58号店」
浦添市港川248番地/098-870-0735/P21台/10時~22時/年中無休/買取可能な家電は基本的に製造年月日から10年以内、暖房家電は5年以内。スピーカーやオーディオアンプなどは例外あり。買取金額は品物の状態や季節、在庫状況で変動。




家具・家電がメイン


得意分野は家具・家電。リサイクルショップ「ザ・マーケット王」浦添本店にはソファやベッド、冷蔵庫や洗濯機などが所狭しと並んでいる=写真。
同店のスタッフ、菊池尚人さんは「家具屋、電気屋感覚で来店してくださる方が結構いる。需要があるから、買い取りも多くなる」と説明する。
買い取りの基準は、「電化製品なら製造年月日から5~6年以内。家具なら、だいたい10年以内」と説明する。
それ以外にも「プラスチック製のカラーボックス、余った缶詰や日用雑貨のストックなど幅広く買い取る」と語る。
高値が付く品、付かない品の差は「需要の有無。同じ品でも、時期によって買い取り価格は変わる」と語る。例えば、今の時期は暖房器具に高値が付くと思いきや「暖房器具が売れるのは11月くらいまで。今は高値が付きづらい」と語る。これからの時季、高値が付きやすいのは「洗濯機や冷蔵庫などの白物家電。新生活を始める人の需要が増える」。
とはいえ、素人に需要の判断は難しい。電話やネットで問い合わせるか「店頭で写真をスタッフに見せてもOK」と語った。



買い取り一例:四人掛けのソファは5000円前後、国産全自動洗濯機は7500円前後

「ザ・マーケット王 浦添本店」
浦添市伊祖2-2-1/0120-12-0319/P3台/11時~19時/年末~正月三が日/家具や家電のほか楽器やインテリア、未使用の食器なども買い取る。洋服や雑貨は委託販売でも預かる。1カ月間、店頭に並べて売れたら手数料を店に支払う仕組み。



賢く処分!


『週刊タイムス住宅新聞』引っ越しシーズン特集 賢く処分!
第1676号 2018年2月16日掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:761

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る