紙面で開催!住まいの展示会|有限会社ヨシダ工業サービス|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年10月22日更新

紙面で開催!住まいの展示会|有限会社ヨシダ工業サービス

長引く新型コロナウイルスの影響により、さまざまなイベントが中止になっている。そこで今号は、住まいに関する展示会を紙面上で開催。新築一戸建てからリノベーション、設備・建材、住宅ローンまで、幅広い分野の12業者が集まった。

スマートカーテン
ドレープ+レース カーテン1枚で両機能|有限会社ヨシダ工業サービス

大きな窓に取り付けたスマートカーテン。写真のようにひだを立てれば、レース部分から光が通る。ひだを寝かせると、厚手のドレープ生地のカーテンとなり、外からの視線をシャットアウトする

大きな窓に取り付けたスマートカーテン。写真のようにひだを立てれば、レース部分から光が通る。ひだを寝かせると、厚手のドレープ生地のカーテンとなり、外からの視線をシャットアウトする


ヨシダ工業サービスが製造・販売を手掛ける「スマートカーテン」は、1枚でドレープカーテンとレースカーテンの機能を併せ持つ。

U字型のひだは一つ一つ独立しており、中央がレース生地、外側が厚手のドレープ生地になっている=下写真。そのため、ひだを立てれば光をやわらかく通し、寝かせれば外からの視線をシャットアウト。ひだの角度を変えることで光の入り方を微調整できる。

同社の慶田盛直哉代表は「カーテンとブラインドの良い所取りの製品。機能性とデザイン性が両立しており、県内の宿泊施設でも使われています」と話す。

また、カーテンを閉めたままでも通り抜けられることから、「窓だけでなく、部屋の間仕切りとしても使えます」と慶田盛代表。汚れた場合は、その部分だけ外して洗えるので、メンテナンスもラクだという。
 

カーテンを閉めた状態でも間を通り抜けられるため、部屋の間仕切りとしても使える
カーテンを閉めた状態でも間を通り抜けられるため、部屋の間仕切りとしても使える
 

ひだを1枚広げた様子。中央はレース生地、外側は厚手のドレープ生地となっている

ひだを1枚広げた様子。中央はレース生地、外側は厚手のドレープ生地となっている


【問い合わせ】
 


那覇市首里石嶺町4-264-10
電話=098-886-3866
平日9時~17時、土日・祝日は休み

関連記事:「紙面で開催!住まいの展示会 12業者紹介」


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1868号・2021年10月22日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1314

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る