[沖縄]特集・住まいの総点検①|リフォーム・メンテで新築気分!|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

こども絵画コンクール

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年5月28日更新

[沖縄]特集・住まいの総点検①|リフォーム・メンテで新築気分!

[増改築から外壁塗装まで]
やっと手に入れたマイホームも築年数がたてば不具合が出てくる。長持ちさせるにはメンテナンスは不可欠だ。県内でリフォームや外壁塗装などを手掛ける専門業者を紹介する。

 増改築・リフォーム  (有)ラムハウジング

体にやさしい自然建材

RC造・築30年以上の事務所を2009年にリフォーム。元の仕上げ材を剝がして、石こうボード下地、「幻の漆喰®」「音響熟成®木材」=下写真参照=で天井・壁・床をしつらえた。年輪が浮き出た床材は肌ざわりが良く、一般より2倍ほど厚い38ミリのものを使っているため、踏み心地もやわらか。現在は木の光沢が増し、香りも持続。汚れにくく、ほこりもたちにくいため掃除が楽になったという2021年現在。RC造・築30年以上の事務所を2009年にリフォーム。元の仕上げ材を剝がして、石こうボード下地、「幻の漆喰®」「音響熟成®木材」=下写真参照=で天井・壁・床をしつらえた。年輪が浮き出た床材は肌ざわりが良く、一般より2倍ほど厚い38ミリのものを使っているため、踏み心地もやわらか。現在は木の光沢が増し、香りも持続。汚れにくく、ほこりもたちにくいため掃除が楽になったという
          
ラムハウジング 事務所 アフター(2009年)
アフター(2009年)
          ▲
ラムハウジング 事務所 ビフォー
ビフォー

ラムハウジング 事務所 和室事務所内の和室。竹炭入り畳はカビが発生したことがないという


木造を専門に新築から増改築、内装リフォームまで行うラムハウジング。川上優代表は「こだわりの自然素材で、すがすがしい空気の住まいにリフォーム。アレルギー体質の子どもや要介護者がいて、健康に気を配る家庭などに選ばれている」と話す。

その要になるのは、三つのこだわり建材。床などの木材、壁の漆喰、竹炭入りの畳が調湿、消臭し、空気をきれいにしてくれるという。「木材は木が持つ油分で年々光沢が増し、ワックスいらず。漆喰は汚れやシミが付きにくく、化学物質を吸着・分解するので、アレルゲンの抑制につながる。リフォーム後、ぜんそくなどの症状が和らいだという声も寄せられた」

介護リフォームでは「介護者・要介護者とも、心と体の負担が軽減されるケアリフォーム」がモットー。「こだわりの建材のおかげで、失禁した時のにおいや汚れも残りにくいと喜ばれている」。同社の福祉住環境コーディネーターがアドバイスしてくれるのも心強い。

「目指すのは住んで健康になる住まい。自然素材だから体にやさしく、天然の空気清浄力で、より快適な環境になる」と川上代表。同じ建材でリフォームした事務所での取材中も、10年以上たったとは思えないほど木の香りが残り、軽やかな空気に包まれていた。ぜひ訪ねて体感してみて。
 
音響熟成®木材
こだわり建材① 音響熟成®木材
クラシックを聴かせ人肌の温度でゆっくり乾燥。乾燥後にも残る木本来の油分やエキスで菌やカビが発生しにくい
 
幻の漆喰®
こだわり建材② 幻の漆喰®
赤貝、海藻など全て天然の材料を使う。消臭、調湿、化学物質の吸着・分解で、空気が爽やかになるという

竹炭入り清活畳®こだわり建材③ 竹炭入り清活畳®
化学物質の吸着力が備長炭よりも優れるといわれる竹炭が畳床にたっぷり詰め込まれている

ラムハウジング 老人ホーム・内装リフォーム例老人ホームの内装リフォーム例。木や漆喰で温かみのある快適な空間に。福祉住環境コーディネーターが利用者に合わせて整えた

 DATA 
沖縄県北谷町宮城 1 - 465
☎098・936・8808
http://www.lamb-h.com


関連記事/特集・住まいの総点検②「コープハウジング」
     特集・住まいの総点検③「(有)慎・建装」
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1847号・2021年5月28日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1036

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る