自然がリビング×暮らしにアウトドア②|海|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年4月30日更新

自然がリビング×暮らしにアウトドア②|海

沖縄ヤマハ(那覇市曙)の店内でアウトドアグッズコーナー「燈人」を担当する與那嶺康貴さんが、「ホップ・ステップ・キャンプ」をテーマに、段階的に楽しむアウトドアを提案する。椅子だけの手軽なものからたき火を楽しむ本格派まで。自分にあったアウトドアを見つけよう!文・写真/與那嶺康貴

水辺に椅子だけ

好きな場所に椅子を置いて「チェアリング」。海に落ちていく夕日を見てのんびり過ごす


まず「チェアリング」

いよいよゴールデンウイーク! アウトドアやキャンプを楽しむ人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな人にぴったりな「ホップ・ステップ・キャンプ」の提案です。肩肘張らず、出費も抑えながら徐々に屋外での滞在時間を伸ばしていき、最終的にキャンプで一泊する。段階的にアウトドアを楽しむ考え方です。

お店には「キャンプするのが初めて(もしくは子供の頃にキャンプした以来)なんですが、何からそろえればいいですか?」という方が多く来ます。もちろん、最初から道具を一式そろえてキャンプ場へGO! もいいのですが、私の答えは「まずは、お気に入りのチェアを見つけましょう」

なぜなら、チェアが一つあればベランダやお庭はもちろん、ドライブ中に見つけた絶景スポットに持ち出すだけで、手軽に「チェアリング」という最高のアウトドアを体験できるからです。


北部のキャンプ場での一コマ。ビンテージのキャンプギア(椅子はイギリスのマクラーレン社製のガダバウトチェア)でそろえた。腰高の位置で「ハイスタイル」を楽しむ。これだと調理がしやすく、立ったり座ったりが楽

これは、ライターのパリッコさんとスズキナオさんが提唱したもので、公園や水辺など好きな場所にチェアを置いてリラックスしてひとときを過ごすという、もっとも敷居の低いアウトドアアクティビティです。

チェアは「自分の体を預けるギア」なので、選ぶ際は見た目だけでなく、「座る」「立ち上がる」を何度か繰り返すこと。そうすることで自分に合ったチェアが見つかるはず。

読みかけの本やコロナ禍でなかなか行けない飲食店の料理をテイクアウトして「チェアリング」してみてはいかがでしょうか?


海沿いなど風が強い場所で楽しむときは、少し重量がある木製をチョイス。
木組みに布張りの椅子は程よくたわみ、座り心地が◎



便利なヘッドライト

次におすすめするのが「ヘッドライト」。キャンプや釣りをするまでは、なかなかなじみがないかもしれません。しかし、外で本を読んだり、作業をする際にも欠かせません。一度使うと「こんなに便利だったのか」と驚くこと間違いなし!


ヘッドライトは強弱の調整ができるタイプが便利。また、赤い色のライトはまぶしく感じにくいので、周りの人にも優しい


便利ポイントは

①両手が使える。キャンプは暗くなり始める時間に行う作業が多く、そんな時に両手が使えると作業効率や安全性が上がる。

②軽い。頭や首にかけっぱなしでも過ごせるので必要な時に探さなくて済む。

③LEDで明るく長時間点灯。火を使わないので安心安全。子供でも扱えるし、テント内での常夜灯にも。

④防災グッズになる。日曜大工やDIY作業にも使える。


先ほどのチェア同様、手に入れた瞬間からきっとアウトドアライフの新しい扉が開くことでしょう。
 

火を堪能する

デイキャンプでもたき火は十分に楽しめます。山火事やたき火跡などに気をつけ、しっかりとスパッタ(防火)シートとたき火台を使用することが大事


テント購入の前にデイキャンプ

最後の提案は「テント購入の前にデイキャンプを楽しむ!」です。

最初から一泊するのではなく、お昼から夕方までキャンプ場内のアクティビティを楽しみ、普段できない炭焼きや薫製にチャレンジ。最後はたき火を堪能して帰るだけでも充実した時間が過ごせて癒やされますよ〜。


たき火の際は、必ず消火用のバケツや、炭を持ち帰れる火消し壺を用意。炭は自然に返らない

テントの購入はアウトドアに慣れてからでいいと思います。私自身、キャンプ再開時に使ったテントは実家にあったものでした。その後も友人やキャンプ場のテントを借りながら、自分の家族構成やキャンプスタイルに合うテントを考えて購入しました。

小さなお子さまがいるファミリーなら大人1人でも設営しやすいワンポールテント、設営を手伝える子がいる4人家族なら前室も確保したドームテントといった具合に、それぞれ違うスタイルがあるはずです。

私の失敗談でもありますが、「テント設営に時間がかかり、楽しめなかった」と言われたくないですよね。慣れないうちは設営時間や手間を減らし、その分家族とゆっくり過ごす時間 に充ててもらえればと思います。

まずは外で過ごしてみて、自分に合うアウトドアを見つけましょう! それではマナーを守って安心安全で楽しいアウトドアライフをお過ごしください。


よなみね・やすたか/沖縄ヤマハ内のキャンプギアコーナー「燈人(ともしびと)」スタッフ。店舗は那覇市曙1-8-10、電話098・867・3359
www.ysp-nahaakebono.com


関連記事 [特集]自然がリビング

暮らしにアウトドア過去の記事はコチラから

毎週金曜発行・週刊タイムス住宅新聞
第1843号・2021年4月30日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:980

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る