ひと部屋減らしてLDKに|快適リフォーム[1]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

リノベーション

リフォーム

2015年4月10日更新

ひと部屋減らしてLDKに|快適リフォーム[1]

築40年以上になる平屋建てのFさん宅=名護市=は、ダイニング・キッチンと和室をつないでLDKにし、プレイルームを生かして改装した。キッチンから家中の様子が分かり、暮らしの変化にも対応できる住まいへと生まれ変わった。

Fさん宅 築40年 プレイルーム生かす

Fさん宅は以前、5DKだった。細かく仕切られていて狭く、使い勝手が悪かった。夫妻は「子ども3人のために室内を広く取り、キッチンから室内の様子が分かる造り」を要望した。


リフォーム後

リフォーム前と同じ位置から見たLDK。夫人の好みで、内装はダークブラウンを基調に仕上げた。ランプシェードは夫人の父親が持っていた年代もの

リフォーム前

以前の和室。左奥はプレイルーム(CSハウジング提供)



そこでリフォーム会社は、元のダイニング・キッチンと和室の間にある壁を取り払い、LDKに変更。キッチンを、壁際からリビング・ダイニングと向き合う形に配置し直した。そうすることで、キッチンからプレイルームや和室を見渡せ、それ以外の場所からも声や足音が聞き取れるようにした。


リフォーム後

リビング・ダイニングから見たプレイルーム。屋根の勾配はそのままに天井、壁や床、照明を一新。現在は子どもが小さいので、ワンルームで使っている


リフォーム前

掃き出し窓が並ぶ


12畳のプレイルームは内装のみ一新。子どもが小さいうちは遊び場として、大きくなれば仕切って二部屋にと、柔軟に使えるようにした。

「子どもたちは室内をぐるぐる走り回っています。思い切り遊べる家になって良かった」。Fさん夫妻は満足げだった。





外観。雨漏りを防ぐため、セメント瓦の屋根を防水塗装した。外壁も塗り直した


DATA
家族構成 :夫婦、子ども3人
施工面積 :97.62平方メートル(29.53坪)
躯体構造 :混構造(木造+コンクリートブロック造)
築 年 数:40年以上
工  期 :3カ月
設計・施工:(株)CSハウジング(電話=0980-53-7236)
 

躯体補強し断熱で涼|快適リフォーム[2]

 
編 集/我那覇宗貴
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「快適リフォーム<1>」第1527号・2015年4月10日紙面から掲載

リフォーム

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:759

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る