集いが楽しい! 平屋|(株)トラストプラン・シュン|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

お住まい拝見

お住まい拝見

2018年4月13日更新

集いが楽しい! 平屋|(株)トラストプラン・シュン

[お住まい拝見・畑を転用 くつろげる空間に]実家に隣接する畑を宅地に転用し、ガレージのある平屋を建てたMさん(40)。開放的なLDKと個室が離れた造りは、「子どもが寝た後も気兼ねなくくつろげ、友人も呼びやすい」と喜ぶ。

安心して子育てできる

Mさん宅
RC造/自由設計/家族4人

1階のダイニング・キッチン。約4メートルの天井高を生かし、キッチン上部にはロフトが設けられている。「いずれは、子どもの遊び場か私の書斎にしようと考えています」とMさん

八重瀬町東風平、サトウキビ畑が広がるのどかな地域にMさん宅は建つ。一番の希望だったガレージの脇に設けられたアプローチからは、玄関と中庭にアクセスできる。


玄関アプローチ。白壁に切り取られた青空と鉢植えのヤシが、リゾートのような雰囲気を演出する


室内は玄関を挟んで東側にLDKと和室、西側に水回りと子ども室、寝室を配した造りになっている。「人を呼ぶ機会が多いので、リビングと個室は離れていたほうがよかった。リビングとつなげて使える和室は、腰掛けられるように小上がりにしてもらいました」とMさん。


東側(写真右手)に設けた天窓からも光がたっぷり入り、明るく開放的なリビングと、小上がりになった和室。戸を閉めればゲストルームとして使えるよう、和室はリビングと趣を変えたしつらえにした


天井が高く、高窓からも自然光が注ぐリビングダイニングは開放的。高い天井を生かして、キッチン上部にロフトが設けられているのも特徴だ。「いずれ、書斎か子どもたちの遊び場として使いたい」。

建物中央にある土間仕上げの中庭では、「サッカーと縄跳びが好き」という長女(5)と次女(3)が元気に駆け回る。

「プールを出したり、自転車に乗ったり。子どもが安心して外遊びできる空間があるので、助かっています」と夫人(38)。娘たちに目が届くようにと、キッチンには中庭に面して窓を設けてもらった。

コンパクトながらも使い勝手よく、掃除もしやすいキッチンは夫人のお気に入り。ガレージから直接出入りできるパントリーも重宝している。


キッチン背後にあるパントリーはガレージから直接出入りできるから、買い物の運び入れも楽

 

手を加える楽しさ
Mさんの実家に隣接する敷地は、小学校、中学校と徒歩で通学できる便利な立地。職場に近い隣市でアパート暮らしをしていたが、長女の小学校入学を見据えて地元に戻り、家を建てることを決めた。

もともと両親が畑として使っていた土地を宅地に転用。知人の建築会社に家づくりを依頼した。「動線に気を配ったので過ごしやすい。アパートのときと違って、思いついた時に、自分ですぐに手を加えられるのも楽しいですね」とMさん。ガレージのシャッターや木戸は自分で取り付けた。

住み始めてから、子どもたちにも変化があった。「壁への落書きも、リビングにおもちゃを散らかすこともなくなりました。自分たちでお片付けしようねと約束したので、子どもなりに意識しているのかも」。住まいが子どもの成長も育んでいる。


コンパクトで使いやすいキッチン。「凹凸のないタイプを選んだので、掃除もしやすい」と夫人。正面奥の窓からは中庭と玄関が見える



リビングと逆サイドにある子ども室。部屋ができたことで、二人の娘はお片付けの意識もついたよう


ここがポイント
高天井でキッチンにロフト
Mさん宅の敷地は、南側に前面道路、東側に農道がある角地。畑地だったが、町の農業振興地域指定から外れていたため、宅地へ転用できた。

設計ポイントの一つは、夫妻が第一条件として挙げた2台分のガレージ。その背後にLDKと中庭、和室を配置して、道路からの視線をガレージで遮った。ガレージからパントリーや中庭に直接出入りできるようにしたことで、「天気や来客に左右されない生活動線になりました」と、トラストプラン・シュンの儀武瞬一代表は話す。


南側からの外観。ガレージが前面道路からの視線を遮る役割も担う


室内は、玄関を挟んで東西に共有スペースとプライベートスペースを分けることで、プライバシーを確保する。開放感を生み出すために天井高を約4メートルに上げたLDKの工夫は特徴的だ。

リビングダイニングは、「大型テレビを壁掛けにしたい」という施主の希望を受け、東側の壁面積を確保するためスリット窓に。上部に高窓を設けて採光を確保した。

一方のキッチンは、設備の仕様の関係から必要な天井高は2.4メートル。設計した島袋信之さんは「上部にロフトを設けて、収納や子どもたちの遊び場として活用してもらうことにしました」と説明する。ロフトの引き違い窓からガレージの屋根に出入りできるため、「屋上の掃除やメンテナンスもしやすい」と儀武代表は話した。


[DATA]
家族構成:夫婦、子ども2人
敷地面積:240平方メートル(約82.88坪)
1階床面積:151.77平方メートル(約45坪)
建ぺい率 :56.15%(許容70%)
容 積 率:44.31%(許容200%)
用途地域 :無指定
躯体構造 :鉄筋コンクリート造壁式構造
設  計 :SD建築設計 島袋信之
構  造 :はざま建築設計 城間信二
施  工 :(株)トラストプラン・シュン 儀武瞬一
電  気 :(有)新栄電機 花城誠悟
水  道 :(株)三星建設 瀬長誠
キッチン・カーテン:パナソニックリビング九州(株)山城暁


[問い合わせ先]
(株)トラストプラン・シュン
098-943-1600
http://www.trustplan-shun.jp


撮影/比嘉秀明 編集/比嘉千賀子(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1684号・2018年4月13日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:96

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る