今も夏は涼しく|(株)東設計工房|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい再拝見

2015年6月5日更新

今も夏は涼しく|(株)東設計工房

築30年の山城源治さん(83)宅は、沖縄本島中部、中城湾を見下ろす北中城村の高台に建つ、吹き抜けのリビングを中心とした、涼しい住まいだ。冬は、妻・咲子さん(81)のリクエストでできた暖炉でぽかぽか。新築当時と変わらぬ心地よさを感じている。

快適さそのまま

山城源治さん宅(第36号1986年3月14日掲載) 築30年


西側の前面道路から見た外観。勾配屋根には丸いオス瓦を載せ、空気層を設けた

赤瓦屋根にコンクリート打ち放しの外壁が目を引く山城さん宅。“外人住宅”が多い静かな住宅地で、ひときわ目を引く。1階にLDKや和室、水回り、2階に寝室や書斎がある2階建て住宅。30年間、夫婦で暮らしてきた。
室内の使い方は昔と変わらない。中でも印象的なのがリビングだ。吹き抜けの高さと、奥行きのあるダイニングやキッチンが相まって、開放感が漂う。咲子さんは「夏はね、外出先から帰ってきて入ると、ムワッとした熱気がなくて、いつも涼しいの」と住み心地を語る。
冬になると、壁際の暖炉に火がともる。「子どものころから憧れていて、造ってもらったわ。電気と違って、優しい温かさなの」と笑顔を見せる咲子さん。
来客も多い山城さん宅では、暖炉でマシュマロを焼いて振る舞うこともある。

水回りは今もきれい
リビングから小上がりになった隣の和室では、源治さんが新聞を広げる。午後になると、「隣のヌレエンでゴザを広げて昼寝するのが気持ちいい」と源治さん。
坪庭に面したトイレや浴室も、夫妻のお気に入りだ。こまめに手入れされ、今もきれいに使われている。「外に居るみたいで開放的。トイレを借りにきた子どもが、びっくりして用を足さずに出てきたこともあった」と咲子さん。
今の住まいは30年前、もともと住んでいた外人住宅を建て替えてできた。設計は、県建築士事務所協会主催の「住宅設計展」で作品に目が止まった建築士に頼んだ。
「歳を取るにつれ、1階で過ごす時間が増えましたね。寝室との行き来は階段の手すりがあるので、今は大丈夫」と源治さん。ゆくゆくは寝室を和室に移すことも考えているという。
「建築士が細かく配慮してくれたおかげで、住みやすさは今も変わらない」。夫妻は目を細めた。


吹き抜けになった1階リビング。奥はダイニング、キッチンと続く。右手は、妻・咲子さんの強いリクエストで造られた暖炉


1階和室。床の間に飾られた掛け軸は、咲子さんの義兄が書き、プレゼントした物


1階キッチン。30年選手の、シンクのディスポーザーや食器洗い乾燥機(写真左端)、ビルトインコンロは健在


1階浴室。正面奥の坪庭が開放感を呼ぶ。清潔感あふれるタイルは、INAX(現・LIXIL)の当時の新製品


浴室と同じく、坪庭に面した1階トイレ

温故知新で工夫
敷地の西側は道路、東側からは太平洋が見える山城さん宅。眺めのいい東側に開口部を多く取った。南側は庭との行き来がしやすいようリビングの床を低くし、元の外人住宅の良さを取り入れた。一方、床下から冷気を取り込み天井裏から熱を逃がす沖縄の古民家に見られる造りなど、温故知新の工夫が見られる。


リビング側にある換気用のガラリ


玄関。上部が、風を抜けやすくするルーバーになっている
 

​設計者・山城東雄さんに聞く
床下の冷気を室内に​

山城さん宅で、特に注目したいのが、室内の熱を逃がす造り。
リビングのステップにガラリを設けて床下の冷気を取り込み、上昇気流で玄関上部のジャロジー窓から熱を逃がす。玄関上部は天井張りにせずルーバーで仕上げることで、風が抜けやすくしている。設計者の山城東雄さん(70)は「沖縄の古民家に見られる手法を、現代の住宅に応用した」と話す。
屋根の断熱もポイントだ。西向きの勾配屋根にはオス瓦を載せている。「丸いオス瓦を屋根スラブに載せると、隙間ができる。それが空気層となって、太陽の熱が、コンクリートに直接伝わらないようにした」と説明する。
近年でこそ主流の、浴室やトイレに坪庭を隣接させる計画も見逃せない。換気だけでなく使う人に開放感を呼ぶ仕掛けを、30年前にすでに取り入れていた点が興味深い。


数年ぶりに再会し、話に花が咲く山城源治さん(右)と咲子さん(中央)、設計者の山城東雄さん

[DATA]
家族構成:夫婦
敷地面積:424.95㎡(約128.5坪)
床面積:1階145.74㎡(約44坪) 2階65.72㎡(約19.9坪)
建ぺい率:35.58%(許容50%) 容積率:45.75%(許容100%)
用途地域:第1種住居専用地域(建築当時)
躯体構造:鉄筋コンクリート造壁式構造
設 計:(株)東設計工房 山城東雄、久高多美子
施 工:紀建設
完成時期:1985年5月

[設計・問い合わせ先]
(株)東設計工房
098-917-5000
http://azumas.com
写 真/高野生優・フォトアートたかの撮影
編 集/週刊タイムス住宅新聞編集部

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1535号・2015年6月5日紙面から掲載

お住まい再拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1197

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る