[お住まい拝見+]機能的で遊び心ある仕掛け|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年8月27日更新

[お住まい拝見+]機能的で遊び心ある仕掛け

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年7・8月」より掲載)

機能的で遊び心ある仕掛け

書斎の出入り口は、可動式の本棚の裏にあり、本棚をスライドさせると現れる。本棚で目隠ししていると、部屋があるとは全く気付かない
書斎の出入り口は、可動式の本棚の裏にあり、本棚をスライドさせると現れる。本棚で目隠ししていると、部屋があるとは全く気付かない

書斎の出入り口は、可動式の本棚の裏にあり、本棚をスライドさせると現れる。本棚で目隠ししていると、部屋があるとは全く気付かない


1857号「室内でバドミントン」
堀さん宅/コバヤシ401.Design room(株)

RC壁と木造屋根の混構造で、バドミントンスペースを家の中心に据えた堀さん宅。ちょっとしたスペースまで無駄なく生かす一方、遊び心を発揮して楽しめる造りになっている。

バドミントンスペースは、玄関フロアより2段低い造り。段差に腰掛けて“観戦席”としても使う。さらに夫人のアイデアで、1段目の下部にカゴを入れ込んでスキマ収納として活用する。

書斎へは、可動式本棚を動かすと現れる隠し戸から出入り。堀さんがリクエストした忍者屋敷のような楽しい仕掛けは、防音にも役立っている。

バドミントンスペースへ降りる段差下にカゴを入れ込んだスキマ収納。段差はベンチにもなるバドミントンスペースへ降りる段差下にカゴを入れ込んだスキマ収納。段差はベンチにもなる


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1860号・2021年8月27日紙面「今月の表紙から 2021年7・8月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:138

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る