[お住まい拝見+]大勢・一人でゆったり晩酌|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2020年7月24日更新

[お住まい拝見+]大勢・一人でゆったり晩酌

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年7月」より掲載)

大勢・一人でゆったり晩酌

西日より景色重視|デザインネットワーク/Aさん宅より


夜景や海の眺望を堪能しながら親戚とよく宴会するというAさん宅は、2階の大きな掃き出し窓が客の出入り口。「みんなの靴が並べられるように」との夫人のアイデアで掃き出し窓側の床はタイル敷きにした。


掃き出し窓側のタイル床。来客の靴を室内に置けるほか、台風時にデッキテラスの植物を入れるのにも重宝しているという

大勢が来ても広々と使えるよう、収納スペースも充実していて、キッチン裏手の食品庫には、食材やお酒が備蓄されている。その一角には、夫人が「おひとりバー」と呼ぶカウンターが。家族が寝た後、ここでお酒を飲むそうで「ひとりの時間を作るために設けた」という。大勢でも1人でも、ゆったりお酒を楽しんでいる様子がうかがえた。


食品庫のカウンター。大きな掃き出し窓と同じ方角の景色が楽しめる


キッチンから食品庫のカウンターを見る。夫人がタイルや壁などの色を決めたそうで、北欧風の色合いにまとめられている

「お住まい拝見+」一覧へ
 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1803号・2020年7月24日紙面「今月の表紙から 2020年7月」より掲載


 

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:51

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る