[お住まい拝見+]軽やかで機能的な外回り|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年7月23日更新

[お住まい拝見+]軽やかで機能的な外回り

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年7月」より掲載)

軽やかで機能的な外回り

玄関アプローチ。杉板で模様付けした外壁は、ポーチ正面の壁にのみ縦模様を入れている。駐車スペースと玄関を仕切る壁は厚さ30センチあるが、断面を斜めにカットすることで厚みを感じさせない

玄関アプローチ。杉板で模様付けした外壁は、ポーチ正面の壁にのみ縦模様を入れている。駐車スペースと玄関を仕切る壁は厚さ30センチあるが、断面を斜めにカットすることで厚みを感じさせない

1852号「デザイン壁で楽しく」
Sさん宅/建築空間アボット

スタイリッシュな目隠し壁で視線を遮り、気兼ねなく開放的に過ごせるSさん宅。外回りにもデザイン面と暮らしやすさの工夫が光る。杉板で模様づけしたコンクリート打ち放しの外壁は、玄関ポーチの一部に縦模様を組み合わせることで、デザインに変化をつけた。ポストスタンドも、外壁と同じコンクリートで造作。足元を絞った軽やかなシルエットがオブジェのよう。駐車スペース部分に面した勝手口は、上部にひさしが設けられ、雨天時でもぬれずに出入りできるようになっている。
 

シューズクロークにつながる勝手口の上部にはひさしを設けた。未就学の子どもたちがいることに配慮。雨天時でもぬれずに荷物が運べ、子どもを抱いても出入りがスムーズ

シューズクロークにつながる勝手口の上部にはひさしを設けた。未就学の子どもたちがいることに配慮。雨天時でもぬれずに荷物が運べ、子どもを抱いても出入りがスムーズ


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1855号・2021年7月23日紙面「今月の表紙から 2021年7月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:135

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る