[お住まい拝見+]デザイン性と使い勝手を両立|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2020年4月24日更新

[お住まい拝見+]デザイン性と使い勝手を両立

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年4月」より掲載)

デザイン性と使い勝手を両立

敷地の高低差生かした平屋|(株)コモドハウス/Mさん宅より
 


スギ板で模様づけした打ち放しの壁をライトアップするため、Mさん自身で地面に敷き詰めた砂利の下から配線を通し、ライトを設置した=写真赤丸囲み。雑草が生えずスッキリ見えるようにと、防草シートを敷いてのせた砂利は、歩くと音がするため防犯にも役立っている


白を基調に、家具や建具を黒で統一したシックな内装が印象的なMさん宅。外観のアクセントになっているスギ板模様の打ち放しの壁は、夜になるとライトアップできるよう、Mさん自身が地面に敷き詰めた砂利の下に配線を通し、ライトを設置した。

家族が多いため、玄関が雑然としないよう、来客と動線を分けた。家族は、広いシューズクロークを通って出入りする。黒の棚板は可動式で、たくさんの靴もスッキリと収めることができる。




玄関は、来客と家族で動線を分けてスッキリ(右写真)。
家族は、引き戸で仕切られたシューズクローク=赤丸部分=を通って出入りする。モノトーンにまとめたシューズクロークは広々。ゴルフバッグやベビーカーなどもスッキリ収まる。棚板は可動式になっているため、靴の量や高さで自在に調整できる




「お住まい拝見+」一覧へ
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1790号・2020年4月24日紙面「今月の表紙から 2020年4月」より掲載


 

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:118

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る