カーテンde暮らしワクワク|どう過ごしたいかをヒントに・家族の会話が弾むカーテン選び|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

インテリア

2019年4月5日更新

カーテンde暮らしワクワク|どう過ごしたいかをヒントに・家族の会話が弾むカーテン選び

家の中で面積を占めているカーテン。毎日目にするものだから、楽しんで選べるといいですよね。でも、いざカーテンを選ぼうとすると、「何からすれば良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

子どもを生んだ後
バスケを好きになってほしい!

沖縄の海と海沿いのコートでバスケットを楽しむ様子をイメージし、バスケットのシルエットをレースに縫い付けてもらった。日中は仕事で家を留守にすることが多いので、カーテンは明るさを取り入れられるように遮光生地は使っていない


夫婦2人の時
落ち着きも楽しみも

カーテンは落ち着いた色合いながら、前飾りを付けて、ポイントにオレンジ色を組み合わせた。プライバシーの確保を考え、レースは外からの視線を遮るミラーレースにした


どう過ごしたいかをヒントに
 家族の会話が弾むカーテン選び 

家の中で面積を占めているカーテン。毎日目にするものだから、楽しんで選べるといいですよね。でも、いざカーテンを選ぼうとすると、「何からすれば良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか?
選び方は、部屋の用途や選ぶ人の好みなどさまざま。色、柄、素材、機能など、どれを優先するかによっても変わります。私がカーテン選びで大事だと思うのは「自分の好み」で決めること。一度かけるとオーダーカーテンなら約20年、既製カーテンでも約5年は、生活の一部になりますからね。たくさんの商品の中から「自分好み」を探すのは意外と時間と労力がかかりますが、ぜひカーテンを選ぶ時間も楽しんでいただけたらうれしいです。
4ステップで好みを把握
「自分の好み」というと、難しく感じる方も多いかもしれません。そんな方は次の4ステップを踏んでみてください。
①今の状況を把握する(家族環境、生活サイクルなど)。
②部屋ごとでテーマを決める。
③好きなインテリアのテイストを決める。
④商品を選ぶ。
このとき自分や家族がワクワクするようなものを選ぶと、決まりやすいと思いますよ。
では、わが家を例に、カーテンの選び方を具体的にみていきましょう。
◆夫婦2人の時
・ライフスタイル/共働きで日中はほとんど家にいない。
・家に求めること/休日はゆっくり過ごしたい。
・リビングのテーマ/団らん&もてなしの場。来客が多いので落ち着いた雰囲気だけど、お客さんにも楽しんでもらいたい。
・選んだのは…前飾りを付けアクセントカラーにオレンジをチョイス。光沢のある生地で落ち着いた中にも華やぎをプラス。
◆出産後
・ライフスタイル/以前と変わらず。
・家に求めること/子どもとの時間を楽しみたい。
・リビングのテーマ/家族で過ごすことが増えたので、家族共通の楽しみを持ちたい。子どもにもバスケットを好きになってほしい。
・選んだのは…バスケットのシルエットを縫い付けたレースカーテンを組み合わせ。家にいることが楽しくなりワクワクする時間が増え、家族の会話も増えました。
このように、家族環境なども踏まえてカーテン選びをするとワクワクがさらに増して、楽しい空間になりますね。ぜひ、カーテン選びを楽しんでいただきたいです♪



あしみね・みなこ/創業38年の新築デザインカーテン専門店、近光インテリアのカーテンアドバイザー。
3000軒以上の施工実績を持つ。
電話 098(945)4723


 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1735号・2019年4月5日紙面から掲載

インテリア

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:826

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る