Totto(宜野湾市)|名作椅子と心地よい空間[インテリアコーディネーター ICアイ]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

インテリア

2024年5月3日更新

Totto(宜野湾市)|名作椅子と心地よい空間[インテリアコーディネーター ICアイ]

協力/沖縄県インテリアコーディネーター(IC)協会
沖縄県インテリアコーディネーター(IC)協会の会員が、インテリアのプロの視点から県内でおすすめの空間を紹介。今回は湧川百乃さんが、北欧の名作椅子「Yチェア」と、その椅子を愛する夫妻が営む宜野湾市のショップを紹介します。

カウンターに並んだYチェア。窓の外からも見えて、店のアイコン的存在
 
名作椅子「CH24(通称Yチェア)」のビーチ材のオイル仕上げ。経年変化を楽しめる
 
言わずと知れた名作椅子「CH24」。デンマークのハンス・J・ウェグナーによってデザインされ、印象的な背もたれの支柱から「Yチェア」と呼ばれています。曲木のアームは美しいだけでなく、体をゆったりと包み込んでくれます。


Yチェアを選ぶ人

宜野湾市にあるレストラン「Totto」にはYチェアがずらりと並びます。オーナーの潮平里志さん、ちひろさんご夫妻は「コース料理で3時間座っていてもゆっくりくつろげる椅子にしたかった」そうです。

お店のインテリアはちひろさんのセレクトです。修業でイタリアに住んでいた時の市場の雰囲気がお気に入りで、店内にはヴィンテージの家具や小物が、のみの市のようにセンス良く並んでいます。Yチェアは古い物との年代差があっても、不思議とマッチしています。そこもお気に入りポイントの一つということです。


好きなモノを選ぶということ

使い込まれた調理器具やお手入れの行き届いた食器が並ぶ店内。「場所が変わっても家具や道具は持って行ける」というお二人の考え方が、お店の居心地の良さを作っているのだと感じました。

現在、レストランは休業中。新体制への準備を進めており、ティラミス専門店として営業中です。レストランが再開したら、食事をしながらYチェアでくつろいでみてください。時がたつほどに、落ち着いたあめ色に変化していくのを観察するのも楽しみ方の一つかもしれません。
 
オーナーの潮平里志さん、ちひろさんご夫妻。お二人のお話もこの店の魅力の一つ
 



今回の執筆者
湧川百乃(わくがわ・ももの)
県インテリアコーディネーター賛助会員。沖縄市プラザハウスショッピングセンター内の、家具・キッチン・インテリア用品のショールーム「MIX RESIDENCE」店長。

http://www.mixlifestyle.com

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第2000号・2024年05月03日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2181

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る