記事検索|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

こども絵画コンクール

記事検索
  • 公開年月から探す
  • 検索
  • キーワード
  • 検索
  • クリア

【記事検索検索】ライトの有機的建築に学ぶ12件表示しています。

  • 建築

    社会を造る 壮大な構想|ライトの有機的建築に学ぶ[12]
    フランク・ロイド・ライトは1959年に91歳でこの世を去りました。その晩年にライトは建築のみにとどまらない、都市の在り方や社会の構造にまで踏み込んだ提言をしています。
    2017/04/07
    編集部
  • 建築

    架け橋のような曲線美|ライトの有機的建築に学ぶ[11]
    アメリカ西海岸のサンフランシスコ市街からゴールデンゲートブリッジを渡り北上すると、丘と丘の谷間に橋を架けたような巨大な建物が姿を現します。ライト生涯唯一の公共建築がこの郡庁舎、マリンカウンティ・シビックセンターです。
    2017/03/03
    編集部
  • 建築

    らせん状の鑑賞空間|ライトの有機的建築に学ぶ[10]
    フランク・ロイド・ライトが晩年に設計した、かたつむりのような渦巻き形の「グッゲンハイム美術館」はニューヨーク5番街の一角にあります。周りの四角いビル群と全く異なる印象を与えるその美術館は、奇抜なデザインを競う近代建築の先駆けといっても良いかもしれません。
    2017/02/03
    編集部
  • 建築

    10度の傾き 独特の空間|ライトの有機的建築に学ぶ[9]
    ニューヨークとフロリダの間に位置するサウスカロライナ州の広大な敷地の中に、ライトの設計したオールドブラス農場があります。農場主の家や労働者のためのコテージ、馬小屋や納屋など農家の生活を網羅した建築群は、ウィスコンシンのライトの自邸、タリアセンを彷彿とさせます。
    2017/01/06
    編集部
  • 建築

    ひし形基調に祈り表現|ライトの有機的建築に学ぶ[8]
    ライト後期の様式である「ユーソニアンスタイル」は、正方形など一つの形を基準にプランを作り上げます。1951年に竣工したユニテリアン教会は、ひし形を基準に「祈り」を表現。光と影にまで演出が効いた、珠玉の建築物です。
    2016/12/02
    編集部
  • 建築

    優しく豊かな祈りの場|ライトの有機的建築に学ぶ[7]
    米国の建築家フランク・ロイド・ライト。初めて事務所を構えたオークパークには、彼が設計した「ユニティテンプル」と呼ばれる教会が建っています。豊かな空間ながら、コストの配慮もされたライト建築の代表作の一つです。
    2016/11/05
    編集部
  • 建築

    量産化と美しさ兼ねる|ライトの有機的建築に学ぶ[6]
    現代建築にも大きな影響を与えるアメリカの建築家フランク・ロイド・ライト。「落水荘」以降の後期に手掛けたのが、ローコストかつコンパクトな「ユーソニアンハウス」だ。価格を抑えるため材料や工法に工夫を凝らした。
    2016/10/07
    編集部
  • 建築

    共同生活と教育の場|ライトの有機的建築に学ぶ[5]
    世界的な建築家フランク・ロイド・ライトが生涯生活し仕事場にもした「タリアセン」。彼はここで、建築の教育と実践にも力を注いだ。ライト亡き今なお、彼の提唱した「有機的建築」を学ぼうと建築家の卵が集まる。
    2016/09/02
    編集部
  • 建築

    川や岩 建物の一部に|ライトの有機的建築に学ぶ[4]
    米国ピッツバーグ郊外の森の中に建てられた落水荘(Fallingwater)は、ライトの代表作。世界で一番有名な住宅と言っても過言ではないでしょう。近代建築の材料を用いながらも自然に溶け込んだ、見事な別荘建築です。
    2016/08/05
    編集部
  • 建築

    大地に溶け込む「プレーリースタイル(草原様式)」|ライトの有機的建築に学ぶ[3]
    アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトは20世紀初頭、建物の高さを抑え、四方に開ける新しい建築様式「プレーリースタイル」を確立し一気に評価を高めた。水平に伸び、自然と一体となった建物は現在の建築にも大きな影響を与えている。
    2016/07/01
    編集部
  • 建築

    中庭囲み伸びやかな女学校舎「自由学園」|ライトの有機的建築に学ぶ[2]
    環境に調和する「有機的建築」を提唱・実践したフランク・ロイド・ライトが、東京・池袋で手掛けた女学校「自由学園」。自身の設計思想に、中庭を取り囲む日本建築の空間構成を取り入れた素朴で伸びやかな建物は、いまなお多彩に活用されている。
    2016/06/03
    編集部
  • 建築

    「日本らしく」帝国ホテル設計に込めた思い|ライトの有機的建築に学ぶ[1]
    環境に調和する「有機的建築」を提唱・実践し、世界の建築界に影響を与えたフランク・ロイド・ライト。本連載では、ライト建築に詳しい建築家、遠藤現さん(50)が、気候・風土、生活に合わせた建築の考え方を紹介する。
    2016/05/06
    編集部

TOPへ戻る