[マンション特集2018年]グランマーレ東浜ワイズ(与那原町 東浜)|生活も交通も便利|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2018年10月26日更新

[マンション特集2018年]グランマーレ東浜ワイズ(与那原町 東浜)|生活も交通も便利

目前に与那原マリーナが広がるグランマーレ東浜ワイズでは、青い海を見渡すリゾート感を味わえるだけでなく、周辺施設が充実、那覇近郊で快適な暮らしを実現できる。


爽やかな光と風が入るリビングダイニング。対面キッチンは標準装備 ※グランマーレ東浜ワイズモデルルーム撮影

住んで良しセカンドハウスにも
MICE計画で発展めまぐるしい与那原町東浜で、(株)ハウスバンクWATARIが手掛ける「グランマーレ東浜ワイズ」。地上14階建て、全39戸とも東側のバルコニーから、すがすがしい朝日が差し込む。目の前には与那原マリーナが広がり、西原きらきらビーチや公園も近く、海と緑を身近に感じられ、リゾート気分を味わえる。

立地の良さはそれだけではない。周辺にはスーパーや飲食店はもちろん、小中学校、高校、大学までそろい、子どもも通学しやすく、快適な暮らしを実現する=下地図。現在建設中の与那原バイパスが開通すれば那覇市へのアクセス性も高まり、出張が多い県外・離島在住者のセカンドハウスとしても便利な立地だ。

間取りは2LDK、3LDK、4LDKの3タイプ。2LDKのBタイプの価格は2340万円からで、働きざかりの夫婦や小さな子どもがいる世帯でも手が届きそうだ。床や建具のカラーが選べるほか、4階以上なら間取りの変更も可能(10月26日現在)だという。駐車場のカバー率は169%。ペットを家族の一員に迎えることもできる。

販売担当(販売代理会社・エールクリエイト(株))の慶田城優さんは「那覇市近郊では比較的お手ごろな価格。離島などから進学するお子さんに合わせて実際に移り住むも良し。セカンドハウスの利用でも良し。これからさらに発展するマリンタウンで快適な暮らしを」とアピールした。

同物件は2019年9月完成、10月末引き渡し予定。現在公開中のモデルルームにはキッズルームがあり、子ども連れでもゆっくり内覧できるのもうれしい。


▲ロケーションマップ

ここがポイント!
★全戸に東向きバルコニー
全戸に幅約2メートル以上、東向きのバルコニーが付いていて、サンライズを存分に楽しめる。7階以上は中城湾を見渡せ、リゾート気分もアップ。


▲完成予想図

[DATA]
 タイプ別専有床面積…Aタイプ75・09平方メートル、Bタイプ60・5平方メートル、Cタイプ83・63平方メートル(バルコニーは含まず)

モデルルーム公開中!
与那原警察署近く(ろうきん2階)にてモデルルーム公開中。午前10時~午後7時 水曜定休。

<問い合わせ>
 電話:0120-355-522

[マンション紹介]
・(株)デザインスタジオ琉球樂団 
     ティアレ北谷シーサイド・アラハ(北谷町 北前)


・ アーキ・ドゥ(株)
     ルピナス高原オーシャンビュー(沖縄市 高原)


・(株)ミルコ
     ミルコマンション名護宮里(名護市 宮里)

    
・  大晋建設(株)×あなぶき興産(株)
     ミオビエントアルファ山下(那覇市 山下町)

    
・(株)ホーム21
     クレアレーベン南上原(中城村南上原)
    

・(株)大成ホーム
     リゾートテラス伊祖(浦添市 伊祖)


・  グランマーレ東浜ワイズ(与那原町 東浜)


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1712号・2018年10月26日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:521

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る