[まかせて安心!住まいのエキスパート⑦]ガイソー沖縄中央店|外壁塗装で沖縄の家守る|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2023年12月29日更新

[まかせて安心!住まいのエキスパート⑦]ガイソー沖縄中央店|外壁塗装で沖縄の家守る

住まいの修繕・改善・補修・保全とコンサルに関わる企業にスポットを当てた「まかせて安心!住まいのエキスパート」と題した企画を展開。各社の強みを分かりやすく紹介します。

 超高耐候無機フッ素塗料 リーズナブルに提供 
超高耐候性無機フッ素塗料「無機Z」で外壁を塗装した家

外壁塗装で一般的に使用されているシリコン塗料。「その耐用年数は7~10年と言われています。大切なマイホームのために高額な工事費用を支払って外壁塗装をしても、沖縄の過酷な気候の下では約7年たつと劣化が始まってしまう。短いスパンの中で何度も塗り替えると、膨大なコストがかかってしまいます」とガイソー沖縄中央店の神山さんは話す。

「当社は『沖縄の住宅を守る』をコンセプトに、住宅の寿命を延ばすべく、それぞれの住宅の素材や状態に合わせたトータル外装リフォーム工事を提供しております」と胸を張る。

その中でも、耐久性が高く、紫外線や雨水、湿気に強い「超高耐候性の無機フッ素塗料『無機Z』を使用した外壁塗装工事の要望が多く、とても好評です。無機Zの期待耐用年数は20年~25年で、シリコン塗料の2~3倍の耐久性があり、美しいツヤが住宅の美観と素材保護を実現します」。

一般的に高価な無機フッ素塗料だが「全国100店舗以上のスケールメリットから、リーズナブルに提供することができます。ハイグレードな外壁塗装とハイレベルな技術力をお届けします」とアピールした。


チョーキングなし、ツヤ変化なし


チョーキング発生、ツヤはほとんどなし



 DATA  ガイソー沖縄中央店
沖縄市高原 5-9-5
電話=0120‐889‐103

http://www.gaiso-okinawachuo.co/

 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 年末年始特別号
第1982号 第1集 2023年12月29日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る