[沖縄]特集・すまいのお色直し|プロの技術で建物長持ち!|(株)タイズリフォーム|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年5月6日更新

[沖縄]特集・すまいのお色直し|プロの技術で建物長持ち!|(株)タイズリフォーム

新築時は見た目も美しく快適だったマイホームも、築年数がたつと不具合が出てくる。長持ちさせるためにはメンテナンスが不可欠だ。県内で外壁・防水・断熱塗装をはじめ、修繕やリフォーム、中長期的な修繕計画の相談などを行う専門業者を紹介する。

 修繕計画・補修・外壁塗装・防水  (株)タイズリフォーム

長い目で見た維持管理提案

屋上防水および外壁を全面補修した築43年のNさん宅。ひび割れや汚損が目立っていた外観も新築当時のように一新。汚損防止に軒先へ水切り材も新設
           屋上防水および外壁を全面補修した築43年のNさん宅。ひび割れや汚損が目立っていた外観も新築当時のように一新。汚損防止に軒先へ水切り材も新設
屋上防水および外壁を全面補修した築43年のNさん宅。ひび割れや汚損が目立っていた外観も新築当時のように一新。汚損防止に軒先へ水切り材も新設

屋根や外壁などの外装をメインに、補修計画に基づく工事や遮熱・防水塗装を手掛ける(株)タイズリフォーム。代表取締役の赤嶺雄一郎さんは、「耐久性や施工性など塗料の品質にこだわるのはもちろんですが、それだけで問題が劇的に改善できるとは限りません」ときっぱり。例えば暑さ対策なら、「屋上や外壁に遮熱塗料を塗ると同時に、最も熱の影響を受ける窓周りの対策も重要です」と説明する。窓の位置や向き、ガラスの種類、庇(ひさし)の有無や周辺環境まで考慮し、「ご予算も含め、問題解決に最も有効な手だてをお客さまと一緒になって考える」のが信条だ。

それを可能にしているのが、1級建築士として分譲マンションなどの長期修繕計画作りに携わった前職での経験。「建物の調査診断を行った上で問題・劣化の原因を見極め、5年、10年後を予測。その時々に必要な補修と費用を割り出せる」のが強みだ。そのため、図面がない住宅でも実測し、今後必要になる補修や使う塗料の缶数に至るまで、詳細な提案が可能。「“価格ありき”で追加工事が増えては元も子もない。まずは現状を把握していただいた上で、お客さまの希望や予算に応じて、長い目で見て喜んでいただける維持管理をご提案します」と呼び掛けた。

屋上への防水塗装の作業風景。塗料の機能を最大限引き出せるよう、職人が丁寧に仕上げていく
屋上への防水塗装の作業風景。塗料の機能を最大限引き出せるよう、職人が丁寧に仕上げていく

DATA
与那原町字与那原1118
098・975・7815
tiesreform.info



[関連記事]
特集・すまいのお色直し|プロの技術で建物長持ち!|(株)喜神サービス
特集・すまいのお色直し|プロの技術で建物長持ち!|(有)ツネダ塗装工業
特集・すまいのお色直し|プロの技術で建物長持ち!|(有)トクダ美装プラン
特集・すまいのお色直し|プロの技術で建物長持ち!| 中部修繕センター
特集・すまいのお色直し|プロの技術で建物長持ち!| ホームペイント


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1896号・2022年5月6日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1318

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る