[鳩さんのつぶやき]⑩|八重山の物件情報、まとめて発信|沖縄県宅地建物取引業協会|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2022年2月25日更新

[鳩さんのつぶやき]⑩|八重山の物件情報、まとめて発信|沖縄県宅地建物取引業協会

沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
協力/沖縄県宅地建物取引業協会

鳩さんのつぶやき ⑩ 

協力/沖縄県宅地建物取引業協会


仁開一夫さん
㈲仁開商事代表取締役社長
沖縄県宅地建物取引業協会理事
八重山地区宅地建物取引業者会顧問



八重山の物件情報、まとめて発信

八重山地区宅地建物取引業者会は、石垣市内の不動産業者が所属する任意団体です。地域の産業まつりで不動産の無料相談会を行ったり、年に一度は会員家族総出でビーチクリーンを行うなど、さまざまな活動を実施していますが、とりわけ特徴的な取り組みの一つに、「所属会員が取り扱う物件をまとめて閲覧できる、八重山地区の物件情報に特化したホームページ」の運営があります。

スタートは私が会長を務めていた15年前、移住ブームに火が付き始めた頃のこと。宅建業協会のサイトでも八重山地区の情報を取り扱ってもらってはいましたが、「石垣の情報が欲しいけど、どの不動産業者に問い合わせたらいいのか分かりにくい」「ほしい情報になかなかたどり着けない」との本土のユーザーからの声がきっかけとなりました。

自社の情報を他社と共有することに戸惑いの声がなかったわけではありませんが、不動産業者一社で提供・収集できる情報は限られているのも事実。会員同士、協力し合うことができれば、なかなか借り手や買い手がつかず抱え込んでいた物件にも買い手がつきやすくなってオーナーにも喜ばれますし、八重山の物件を求めるユーザーにダイレクトに情報を発信することができるようになります。

当初は恐る恐る始めた会員たちも、「各社に物件情報を問い合わせる手間が省けて助かる」「情報がまとまっているので比較検討しやすくて便利」とのユーザーの声に力を得て、今では積極的に物件を紹介し合うまでになりました。

また会員の意見を吸い上げ、反映しやすいのは、小さな組織だからこそ。物件の特徴が一目で分かるよう意見を出し合い、現地に足を運べない方向けには内覧可能な動画も貼り付けるなど、HPも定期的にリニューアル。サービスの向上を心掛けています。

宅建業協会の後押しもいただいて当会を設立し、ことしで24年-。所属業者もHPを共に立ち上げた10社から22社に増え、結束はさらに強くなりました。協会からも専門家や講師を派遣していただいて研修会を実施するなど、会員の資質向上に役立てています。
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1886号・2022年2月25日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1318

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る