紙面で開催!住まいの展示会|有限会社 MIZUHO|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年10月22日更新

紙面で開催!住まいの展示会|有限会社 MIZUHO

長引く新型コロナウイルスの影響により、さまざまなイベントが中止になっている。そこで今号は、住まいに関する展示会を紙面上で開催。新築一戸建てからリノベーション、設備・建材、住宅ローンまで、幅広い分野の12業者が集まった。

フランス瓦 TERREAL(テリアル)
高強度で塩害に強い|有限会社 MIZUHO

フランス瓦「TERREAL」は、高強度で塩害に強いのが特徴。さびにくいステンレス製のビスで1枚ずつ固定し、ビス穴はゴムパッキンで防水する



「MIZUHO」は、屋根工事、サイディング工事、太陽光発電システムの設置・販売、そのほか木造プレカット建築資材の販売を行う専門店。

新垣守崇専務取締役は「瓦は、ふく射熱を和らげるので室内に熱を伝えにくい。また、屋根との間にできる空気層で断熱効果が期待できる。実際、瓦屋根にしたお宅からは『とても涼しくなった』という声が多い」と話す。

同社が扱う瓦の中で人気なのがフランス瓦。「他の瓦に比べて高温で焼き締めているので固く、強度や防水性に優れている。塩害にも強いので沖縄に適した瓦だ」と、その良さを語る。




色のバリエーションが豊富なのもポイント。「県内リゾートホテルなどにも使われ、沖縄の青い空に映える。洋風瓦の中でも、ワンランク上のデザインや機能を備えていると言える」。同社は、フランスの人気瓦メーカー「TERREAL(テリアル)」の正規輸入代理店となり、「現地から直輸入してコストダウンを図っている」のが強みだ。

もう一つの強みは「基準風速46メートルに耐える施工」。全日本瓦工事業連盟が設ける厳しい基準をクリアする認定店であり、「さび予防や雨漏り防止も徹底した施工を行う」と力を込めた。


瓦を載せると屋根が熱しにくく室内が涼しくなる


【問い合わせ】

西原町上原1-10-19(ルーフビル2階)
平日8時半~17時営業
土日祝日定休
電話=098・944・4496

関連記事:「紙面で開催!住まいの展示会 12業者紹介」


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1868号・2021年10月22日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1143

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る