新年企画 紙面で開催! 住まいの展示会|㈱イノアック琉球|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2020年12月31日更新

新年企画 紙面で開催! 住まいの展示会|㈱イノアック琉球

県内企業が一押しする製品や事業をまとめて紹介。火に強い断熱材や効果長持ちの防水工法、家中浄水システムといった設備建材から、天然素材やカーペット素材の床、機能的なカーテンといった室内を彩る内装材まで、住まいを快適にする商品が目白押しだ。

㈱イノアック琉球|「サーマックス」

​(右)サーマックスは基材にイソシアヌレートフォーム、表面材にアルミクラフト紙や炭酸カルシウム紙を使った断熱ボード(上)他の断熱材の一般的な熱伝導率と比べて、サーマックスはその値が低い。熱伝導率は熱の通しやすさを示し、低いほど断熱性が高くなる

 

燃え広がらない、国内初の断熱材
㈱イノアック琉球では、燃え広がらない建築用断熱ボード「サーマックス」シリーズを販売している。同社の與古田渉さんは、「難燃性、防水性、断熱性に優れた高性能の断熱材」と話す。

ウレタンの中でも、サーマックスに使うイソシアヌレートフォームは一味違う。「イソシアヌレートフォームは、欧米でほぼ100%のシェアを誇る、世界標準の断熱材。着火せず炭化するため、炎が広がりにくい特性を持つ」と説明する。

「JIS(日本産業規格)において、硬質ウレタンフォームの断熱材は消防法上、指定可燃物の対象となる。だが、サーマックスは国内で初めてその対象外になった断熱材」と與古田さんはその安全性に自信を見せる。高い断熱性がある上、気泡が独立した構造で水や湿気を通しにくいのも特徴だという。

鉄筋コンクリート造、木造、鉄骨造向けにラインアップも充実。特に鉄筋コンクリート造向けは打ち込み用に開発され、躯体との親和性も高いという。與古田さんは「沖縄の建物の高性能化に貢献したい」と力を込めた。

詳しくはURLから確認できる。


バーナーを当てても着火せず、すぐに炭化して燃え広がりにくい

 

【問い合わせ】
㈱イノアック琉球  
うるま市勝連南風原5193-26
電話=098・921・0181 https://www.inoac.co.jp/thermax/index.html


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1826号・2021年1月1日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1113

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る