紙面で開催! 住まいの展示会|セコム「サーマルカメラ」「あんしんテレワーク」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2020年10月16日更新

紙面で開催! 住まいの展示会|セコム「サーマルカメラ」「あんしんテレワーク」

新型コロナウイルスの影響によって、今年はさまざまなイベントが中止になっている。そこで今号は、住まいに関する展示会を紙面で開催。ZEH対応の住宅建築から、水処理システムや屋根の防水工法、特殊形状のカーテンといった設備・建材、セキュリティーシステムや抗菌コーティングのような安心のためのサービスなど、住まいを快適にするものが目白押しだ。

セコム 「サーマルカメラ」「セコムあんしんテレワーク」


新様式に安全・安心

タセコムは、コロナ禍で求められる新しい生活様式に対応した、安全・安心のためのサービスや商品を販売している。


サーマルカメラ。大きさは高さ約29センチ、幅約12センチ

その一つ「サーマルカメラ」は、人の顔を認識して顔の表面温度を約1秒内で計測し、同時にマスク着用も判定するタブレット端末。判定結果は画面と音声でお知らせ。装着スタンドは、卓上と背丈のある自立スタンドから選べる。「素早く高精度に計測でき、設置も手軽」と担当者。


セコムあんしんテレワークのUSBリモート端末のイメージ

また、「セコムあんしんテレワーク」は、安全なテレワーク環境を整えるUSBタイプのリモート端末。自宅パソコンにUSBを差し込むと、社内ネットワークのファイアウオール配下の通信装置とつながり、会社パソコンの操作ができるようになる仕組み。自宅のパソコンが会社のパソコンと同じように使え、作成した書類は自宅ではなく会社のパソコン上に保存される。自宅パソコンからのアクセス履歴が残るなどセキュリティーの安全性も保たれている。「テレワーク用に新しくパソコンを買う必要がなくなって、コストも削減できる」


自宅のパソコンから会社のパソコンに安全につながり、快適なテレワーク環境をつくる

担当者は、「コロナ禍でも社会に『安全・安心』を提供し続けたい」と話した。

[問い合わせ]
タセコム琉球㈱ 那覇市久茂地1-7-1 琉球リース総合ビル3階
電話=098-862-2221
www.secom-ryukyu.co.jp


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1815号・2020年10月16日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:856

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る