[沖縄]アートを持ち帰ろう(8)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年11月26日更新

[沖縄]アートを持ち帰ろう(8)

文/本村ひろみ

大切な人忘れず身近に感じて

本棚に置き次元を超えて出逢える瞬間を

卒業制作展で心に残る作品に出合うことがある。「作家のこれからをみてみたい」と思わせる作品。谷口明日香の作品「祈り」がまさにそうだった。

壁に白木で大小さまざまなふぞろいの四角がつくられ、そこに色も形もすべて違う小さな厨(ず)子(し)甕(がめ)が飾られていた。両手で包めるサイズ。精巧にそして愛らしく制作された厨子甕を眺めていると、タイトルどおり心静かになり「祈り」をするかのように穏やかな呼吸になった。それから1年とたたない10月に谷口の初個展がギャラリースペース「あおみどりの木」で開催された。


「厨子甕」高さ17cm×幅9cm 5万8000円(税込み)

表情豊か 厨子甕と友だち仏

「身近に大切な人を感じられるように、一緒に居ても怖くないように、忘れてしまわないように、あなたらしい形で居られるように」

個展のあいさつ文の中に作家の想(おも)いがあふれていた。会場には表情豊かな厨子甕がずらりと並び、似た作品がひとつとないのには驚いた。谷口はもともと陶器の器を制作していたとあって、その経験から土と釉薬(ゆうやく)を使いこなし個性豊かな厨子甕を誕生させていた。

そして厨子甕とあの世をつなげる役割の“友だち仏”も生み出した。その中でも目に留まった作品には、ふたの部分のつまみに1cmほどの友だち仏がいる。正面には目のように見える2本のハスの花。裏にはハスのつぼみ。“尊さ”を具現化している。

私はこの作品を本棚に置きたい。映画「インターステラー」のように次元を超えて出逢(であ)える瞬間を出現させてくれる気がする。日々大切な存在を感じていたいから、いつも眺められる場所に。=毎月第4週に掲載



「友だち仏」 高さ6cm5000円(税込み)
写真は全て/當銘すみれ



 
作家近況


詳しい情報はSNSで
https://www.instagram.com/asuka_dorodango/?hl=ja


もとむら・ひろみ
那覇市出身。清泉女子大学卒業。沖縄県立芸術大学造形芸術研究科修了。ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2」でパーソナリティーを務める

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1873号・2021年11月26日紙面から掲載


 

特集・企画

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:9

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る