2戸つなげ広々モダン|快適リフォーム[5]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

リノベーション

リフォーム

2015年8月14日更新

2戸つなげ広々モダン|快適リフォーム[5]

カナダ在住のマルセル・ドゥ・ルースさん(52)、洋子さん(54)夫妻のセカンドハウスは、沖縄市にある築24年のマンション。2戸をつなげ、洗練した空間にリフォームした。

ルースさん宅 築24年 海を望むセカンドハウス


洋子さんは沖縄出身。帰省の際、これまでは実家やホテルに宿泊していたが、「海を望む眺めの良さと高い天井が気に入った」マンションを、滞在時の住居として選んだ。4人の子どもたちも成長し、家族6人でもゆったり、快適に過ごせるよう、事務所と住居だった2戸を一つの空間にリフォームした。


リビング:リフォーム後

眼下に海を望む開放的なLDK。白を基調に、スッキリ洗練された雰囲気に仕上げた


室内は、既存の構造を生かし、窓が多く眺めの良い東側にLDKを置き、西側に寝室などプライベートな空間がまとまっている。夫妻の希望で、板張りだった床は大判の白い大理石パネルに変えた。壁のクロスやキッチン、家具も白で統一したLDKはスタイリッシュな印象。洋子さんは「明るく開放的で、とても気持ちがいい」と目を細める。


寝室:リフォーム後

寝室は間接照明で落ち着いた空間。奥はゲストルームで、引き戸を閉めればそれぞれ個室に


寝室:リフォーム前

リフォーム前は、板張り床のワンルーム


茶道をたしなむことから、LDK南側には小上がりの和室もしつらえた。


和室:リフォーム後

LDK南側にある小上がりの和室。天井は竹をモチーフにしたクロス張りで、マルセルさんもお気に入りだ


黒の小ぶりのタイルでアクセントをつけた浴室。ブラインドを上げると海が見えて開放的


滞在中、夫・マルセルさんは、バルコニーに自ら防水塗装を施すなどDIYも楽しむ。洋子さんは、「沖縄で過ごす時間がより楽しくなりました」と満足そうにほほ笑んだ。







DATA
施工面積:165㎡(50坪)
躯体構造:鉄筋コンクリート造
築年数:24年
工 期:2カ月
企画・設計:クローバー企画
施 工:㈱設備技研
(電話=098・934・1313)



段差解消、自分好みに|快適リフォーム[6]


満足度高める一助に|快適リフォーム[4]



編 集/比嘉千賀子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「快適リフォーム<5>」第1545号・2015年8月14日紙面から掲載

 

リフォーム

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:116

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る