塗装で暑さ対策|遮熱・断熱 機能の違い|そろそろ補修・改修④|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

第9回こども絵画コンクール

リノベーション

メンテ

2023年7月21日更新

塗装で暑さ対策|遮熱・断熱 機能の違い|そろそろ補修・改修④

外側に塗ることで、建物内部の気温上昇を抑える「遮熱塗料」と「断熱塗料」。いずれも冷房効率が上がり光熱費の削減になるが、仕組みや効果は異なる。違いを㈱仲里ペイント(豊見城市)の新里早苗さんに聞いた。

そろそろ補修・改修
 

反射か、熱伝導抑制か

建物に塗布することで熱を防ぎ、暑さ対策に有効な「遮熱塗料」と「断熱塗料」。似たような言葉だが、機能は違う。

「遮熱塗料」は、太陽光を反射することで熱の侵入を防ぐ。主に夏場の室温上昇を抑え、冷房効率を高める。

「断熱塗料」は熱伝導を抑える。夏場の暑さだけでなく冬場の冷気も防ぎ、保温効果もある。ただ、塗膜に厚みが必要なので塗料の使用量が多く、遮熱よりもコストは高くなりがちだ。

「断熱塗料でも若干、遮熱効果はある。遮熱性能を強化した塗料が遮熱塗料で、断熱機能を付加したものが断熱塗料です」と仲里ペイントの新里早苗さんは話す。

「沖縄において、暑さ対策は必須。特に断熱材を使用していないお宅は、塗料で効果を実感しやすい。外・内断熱材の追加工事よりもハードルが低い」。

遮熱・断熱塗料ともに塗ることで室内の温度上昇を抑えるだけでなく、「建物を熱劣化から守ってくれる。耐用年数を延ばすメリットもある」と説明する。


 遮熱塗料・断熱塗料の特徴
遮熱塗料の主な機能|遮熱・断熱 機能の違い|そろそろ補修・改修④
※イメージ図
 
遮熱塗料の主な機能
特徴
・太陽光を反射し、室内の気温上昇を抑える機能を強化している。
・断熱塗料よりは価格が安い。
・塗膜の色や汚れによる効果の違いが大きい(白や淡い色ほど効果的)。
・保温効果はない。

 
断熱塗料の主な機能|遮熱・断熱 機能の違い|そろそろ補修・改修④
※イメージ図
 
断熱塗料の主な機能
特徴
・夏の熱さや冬の冷気などの熱伝導を抑える機能を付加している。保温効果もある。
・防音や結露の抑制効果もある。
・価格が高い。
・塗膜に厚みが必要で、施工に技術が必要。

 

効果高い色は「白」

次にデメリット。遮熱塗料は白に近い色ほど反射率が上がる。そのため外観を黒や茶などの濃い色にすると効果が低くなる。また、汚れることでも効果が落ちる。「どうしても濃い色にしたいときは、せめて屋根だけでも白に近い色にすることを勧めます」と新里さん。

断熱塗料のデメリットは価格が高めなことと、塗施工に技術が必要なこと。

「住宅だけでなく、プレハブや工場なども効果を感じやすい。室内が熱い、冷房の効きが悪いとお悩みの方は、塗装の専門業者に相談してほしい」と話した。



Q 色で効果に差がある?
A 濃い色よりも白や淡い色の方が効果が高い

遮熱塗料は熱を反射することで効果を発揮します。そのため、反射率の高い白や淡い色ほど効果が上がります。汚れることでも効果が落ちます。

白や淡色にするだけでも一定の反射率があるため、遮熱に関する成分を入れていないのに「遮熱塗料」とうたって販売されている製品もあります。しっかり遮熱したい場合は、プロに相談して選びましょう。

断熱塗料も白い色の方が効果は高いですが、遮熱塗料ほど差はありません。


Q 効果を感じにくいケース
A すでに断熱材が入っている家だと効果を感じにくい

内断熱・外断熱などすでに断熱材が入っている家では効果を実感しづらいです。また、日当たりの悪い家の場合も効果を感じにくいです。


Q 断熱材とどっちが効果的?
A 断熱材を入れる方が効果は高い

やはり断熱材を入れる方が効果は高いです。ただ、既存住宅で断熱材を追加するのは大がかりな工事になり、費用も時間もかかります。まずは塗料で対策するのも良いと思います。


Q 暑さ対策以外の長所は?
A 建物を熱劣化から守ってくれ、耐久性アップにつながる

遮熱・断熱塗料ともに建物を熱劣化から守ってくれるため、耐久性アップにつながります。

また、遮熱塗料は建物の熱発生を抑えるため、都市のヒートアイランド対策にも役立ちます。

暑さ対策以外の長所は?|遮熱・断熱 機能の違い|そろそろ補修・改修④



「遮熱・放熱塗料」も

県内で最近、施工事例が増えているのが「遮熱・放熱塗料」だ。遮熱塗料と同様に熱を反射しながら、「熱が高温から低温へ運ばれる現象を利用して建物から大気中へ放熱します」と話すのは、遮熱・放熱塗料を取り扱うNCK㈱の澁谷秀樹マネージャー。

◆遮熱・放熱塗料の仕組み
遮熱・放熱塗料の仕組み|遮熱・断熱 機能の違い|そろそろ補修・改修④
※イメージ図

同社で提供する「遮熱・放熱塗料」はアドクールAquaといい、「医療・電子の精密機器の熱対策に用いられている素材を塗料に応用している。冷めやすく、建物の熱ごもりを解消する。特に夏場の暑さ対策に特化した塗料なので、沖縄向きです」と話した。



【教えてくれた人】
しんざと・さなえ/塗装に関わる材料や道具全般の販売、塗装・防水施工などを手掛ける(株)仲里ペイントのスタッフ。上記の遮熱・放熱塗料アドクールAquaなども取り扱う。豊見城市真玉橋131-2

電話=098・856・8500

取材/東江菜穂
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1959号・2023年7月21日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:344

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る