[お住まい拝見+]造り付け家具で趣味満喫|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年11月26日更新

[お住まい拝見+]造り付け家具で趣味満喫

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年10月・11月」より掲載)

造り付け家具で趣味満喫


ショーケース上の棚は飾っていない小物類、下は日用品などを収納


新垣さん夫婦のコレクションがズラリ

11月19日号「ライフステージに合わせて一新」
新垣さん宅|㈱アーキラボラフィット

2世帯住宅で2度目のリノベーションをした新垣さん宅。高齢の親世帯はバリアフリーに、子世帯の新垣さん夫婦は娘が独立したのも機に、空き部屋を解消して広々としたLDKを手に入れた。

また、造り付け家具で趣味スペースを設けたのも特徴。新垣さん夫婦の趣味はミニチュア集めで、LDKにショーケースを造り付けた。ガラス戸の中にはキャラクターのフィギュアなどがぎっしり。上下は板戸(いたど)になっており、「見せることも収納することもできて便利」と新垣さんは話す。和室や玄関の壁につけた有孔ボードでは、シーズンに合わせてデコレーションを楽しんでいる。

柱が出っぱった幅1㍍ほどのスペースは、新垣さんの父親のためのパソコンデスクを造り付けて有効活用。小さな空間を活用し、置き家具を減らすことでスッキリ暮らせるようにしている。


LDKはモノトーンで統一しつつ、キッチンの壁には柄クロスを取り入れている。大きめの花柄だが、黒色の線画だから空間の雰囲気にマッチしている


玄関のボードは季節に合わせて夫人が飾り付けするという
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1873号・2021年11月26日紙面「今月の表紙から 2021年10月・11月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:131

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る