[お住まい拝見+]キッチン・踊り場でひとり時間|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年5月28日更新

[お住まい拝見+]キッチン・踊り場でひとり時間

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年5月」より掲載)

キッチン・踊り場でひとり時間

1846号「半屋内の中庭で開放感」Sさん宅/ロカルウ

窓は小さく少ないが、中庭と吹き抜けで明るく開放的なSさん宅。リビングダイニングに横付けした独立型キッチンは、大人がちょっとこもれる場。Sさんは皿洗い中に「気ままにスマホで動画を楽しめる」。夫人は「料理に集中でき、ちょっと顔を横に出せば家中の様子も分かって安心」と話す。 家事の合間、階段の踊り場で読書に没頭するのも夫人の楽しみ。「ベランダからの光がちょうどいい」。家族の気配を感じつつ、ひとり時間が取れるのも、安らぐ家のポイントだろう。


最近では珍しい独立型キッチン。写真背後にリビングダイニングがある。ステンレス製の調理台は、身長差のあるSさんと夫人のどちらも使いやすい高さにした。写真右の白い台は花ブロックで造られ、調味料などを収めるスペースに

2階廊下は南と西の採光で明るく、手すりも視線が抜けるデザインで開放的。写真右奥ドアに洗濯・浴室があり、夫人は洗濯の合間に右手前の踊り場に座って読書を楽しむ


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1847号・2021年5月28日紙面「今月の表紙から 2021年5月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:98

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る