[お住まい拝見+]素材の質感そろえ家全体に統一感|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2020年4月24日更新

[お住まい拝見+]素材の質感そろえ家全体に統一感

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年4月」より掲載)

素材の質感そろえ家全体に統一感

シンプルな職住近接|(株)クロトン/Mさん宅より
 


アトリエにあるベンチとテーブル。以前は事務所で使っていたが、「家の雰囲気に合う」ため持ってきた。夫人が図面を描き、作ったものだが、強度もあるし、ぐらつきもしない

住まいとアトリエを棟で分けたMさん宅。どちらも木造平屋建てで、骨組みの木材が見えたり、コンクリートの土間があったりと家を構成する素材の質感を感じられた。

インテリアもその質感にそろえている。例えばアトリエでは、テーブルやベンチ、棚だけでなく、ブラインドも木製。しかもテーブルとベンチは夫人が手作りしたものだという。 一方、外ではひんぷんの裏にコンクリートの作業台。釣り好きなMさんが魚をさばくための場所だ。Mさんは「この台がいっぱいになるくらいの大きな魚が釣れたら」と期待を膨らませた。



木製のブラインド。窓がたくさんあるため、量販店で見つけた既製品を加工し、活用。コストを抑えた

ひんぷんの裏側は水道付きの作業台になっている。Mさんは「釣ってきた魚をさばくとき、家の中だと飛び散ったうろこの掃除などが大変だけど、ここならそんなに気にならない」

「お住まい拝見+」一覧へ
 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1790号・2020年4月24日紙面「今月の表紙から 2020年4月」より掲載


 

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
出嶋佳祐

これまでに書いた記事:110

編集者
「週刊タイムス住宅新聞」の記事を書く。映画、落語、図書館、散歩、糖分、変な生き物をこよなく愛し、周囲にもダダ漏れ状態のはずなのに、名前を入力すると考えていることが分かるサイトで表示されるのは「秘」のみ。誰にも見つからないように隠しているのは能ある鷹のごとくいざというときに出す「爪」程度だが、これに関してはきっちり隠し通せており、自分でもその在り処は分からない。取材しながら爪探し中。

TOPへ戻る