住空間プロデューサーの上原牧子さんが暮らしを楽しむインテリア「家族で過ごすクリスマス」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化キャンペーン2017年10月10日から12月31日A

家づくりのこと

インテリア

2017年12月8日更新

住空間プロデューサーの上原牧子さんが暮らしを楽しむインテリア「家族で過ごすクリスマス」

[文]上原牧子さん(住空間プロデューサー)Vol.9
12月、街中が一気にクリスマスモードになり心躍る季節ですね。ご家庭でもツリーを飾り付けたりプレゼントの用意をしたりと、クリスマスを楽しく過ごすための準備を始める方も多いのではないでしょうか。今回は私がアメリカで過ごしたクリスマスシーズンや、旅の思い出を交えながら、クリスマスを楽しむヒントをお伝えします。

コーディネートや演出を楽しむコツ

アメリカのスタイルをヒントに


感謝伝え合うイベント


アメリカでは11月の感謝祭が終わると街中が一気にクリスマスモードになります。生のモミの木を買ってきてリビングに飾る家も多く、シーズン中はそのフレッシュな香りに家中が包まれます。

私が訪れた家庭では、ツリーに飾るオーナメントやデコレーション用の小物、みんなで囲むクリスマスディナーの特別な食器の数々は、その家の歴史の中で代々大切に受け継がれてきたものを使用していました。

ツリーの下には、準備したプレゼントが日に日に増えていきます。クリスマス当日は、家族皆が集まってお互いのプレゼントを開けながら感謝の気持ちを伝え合う大事なイベントとして過ごしていました。異国で経験したクリスマスシーズンは、ステキな光景として今でも印象深く残っています。


写真は美浜アメリカンビレッジのイルミネーション。わが家ではクリスマスの楽しいイベントとしてイルミネーションを見ながらドライブするのが毎年の恒例行事になっています


ドイツに旅行した際に見かけたクリスマスシーズンのショーウインドウ。眺めているだけでワクワクします


玄関ドアにクリスマスリースを飾って華やかに

 

早く準備し長く楽しむ

そんな体験の中から、私が実践しているクリスマスの楽しみ方を幾つかご紹介したいと思います。

①ツリーは1カ月くらい前に
ツリーを出す作業はなかなかおっくうなものですが、どうせ飾るなら早めに出しましょう=ポイント①。アメリカでは感謝祭が終わる11月下旬ごろから飾り付けを始めます。季節感の薄い沖縄では、ツリーを早く出すと一気に空間がクリスマスモードに変わり、当日まで長く楽しめるので、1カ月くらい前から準備するといいですね。
飾るコツとして、最近はLEDライトの電飾が主流ですが、先に電飾を施してからオーナメントを飾ると配線が邪魔にならずキレイに見えます。

②小物は少しずつ買い足す
気分を上げるクリスマス小物は、時間をかけて少しずつ買い足すのがおススメです=ポイント②。流行もあり、ラグジュアリー系やナチュラル系など幅広いアイテムがありますので、お手持ちのベースアイテムにトレンド小物を加えていくといいでしょう。旅先で買い求めたオーナメントや小物なども思い出があっていいですね。他にも雰囲気を盛り上げてくれるキャンドルやクリスマスを連想させるモチーフのクッションをインテリアに取り入れるのもおススメです。

③イベント感を楽しむ
外国では感謝の気持ちをカードで伝えあう習慣がありますが、このシーズンになると、ショップにステキなクリスマスカードが並ぶので、日ごろの感謝を込めて活用してみてはいかがでしょう。ほかにも、家族で楽しめるイベントとしてクリスマスをテーマにしたDVDを鑑賞したり、小さなお子さんがいるなら親子でツリーの飾り付けや簡単にできるお菓子作りに挑戦してみるのもいい思い出になりますね=ポイント③。
ぜひ、それぞれのご家庭でクリスマスをお楽しみください。




ポイント①

ツリーは1カ月くらい前に

ツリーを飾ると一気にクリスマスモードになります。毎年少しずつ増えているオーナメントは、旅先で買い求めたものなど思い出のあるものも


ポイント②

小物は少しずつ買い足す

飾る際は家の一カ所だけでなく、玄関やトイレなど目に付く場所にちょこっとずつ、楽しくなる演出で!


ポイント③

イベントそのものを楽しむ

子どもと市販のキットを使って作ったお菓子の家


 

気分を盛り上げる小物3点
インテリアと文具・雑貨のショップ「module」(モジュール)の禰覇由美さんが、クリスマスを盛り上げるオススメ小物3点を紹介してくれました。


オーナメント(ロッソ、ヴェルデ、アッズーロ)
イタリアの老舗チョコレートメーカーのチョコレート入りのオーナメント缶(各700円・税別)。ツリーに飾って、毎日1つずつ開けてクリスマスを待ったり、パーティーのゲストへのお土産にも。見て、食べて楽しめるオーナメントです。



ルミナラバーチピラー
炎の揺らぎが癒やし感たっぷり! LEDを使った熱くないキャンドル、ルミナラ(大6500円、小6000円・税別)。ここ数年自然素材を組みあわせたデコレーションが人気で、写真はバーチ(シラカバ)を巻いたもの。実際のキャンドルより自由なディスプレーが楽しめます。



クリスマスカード各種
海外ではクリスマスカードを12月初めには贈り、もらった人はそのカードをクリスマスまで飾っておくのだそう。美しく凝ったカードは、壁に飾って楽しみましょう。眺めるたびに贈り主に思いをはせることができるのもいいですね。カード各150円、税別。


module
那覇市旭町116-37
沖縄県南部合同庁舎1階
098-988-0865





上原牧子さん(住空間プロデューサー)
うえはら・まきこ/(有)ムーブプランニング専務取締役。住空間プロデューサー。インテリアコーディネーター、二級建築士、アートライフスタイリスト、ライティングコーディネーターの資格を持ち、トータルで空間をプロデュースする。

上原牧子 オフィシャルWEBサイト
http://move-makiko.com
ムーブプランニング
098-860-3202
http://move‐planning.com


暮らしを楽しむインテリア
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1666号・2017年12月8日紙面から掲載

インテリア

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
出嶋佳祐

これまでに書いた記事:16

編集者
「週刊タイムス住宅新聞」の記事を書く。映画、落語、図書館、散歩、糖分、変な生き物をこよなく愛し、周囲にもダダ漏れ状態のはずなのに、名前を入力すると考えていることが分かるサイトで表示されるのは「秘」のみ。誰にも見つからないように隠しているのは能ある鷹のごとくいざというときに出す「爪」程度だが、これに関してはきっちり隠し通せており、自分でもその在り処は分からない。取材しながら爪探し中。

建築士の日2017|週刊タイムス住宅新聞

TOPへ戻る